トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは

カスタムカーが一同に集う夢の祭典「東京オートサロン2024」でトヨタの商用バン「プロボックス」をベースにしたカスタムカーが展示されていました。

新「PLAY-BOX」とは

 トヨタ「プロボックス」といえば商用バンですが、巷では「高速最速」という異名を持つど、実際に使うユーザーは高速道路を飛ばしている印象があるようです。
 
 一方で最近ではアウトドアカスタマイズなども定番化しています。

角目がいい感じの「PLAY-BOX」
角目がいい感じの「PLAY-BOX」

 そのなかでも「T-STYLE AUTO SALES」が展開するブランドであるTSD Stylingの「PLAY-BOX」が注目を集めていました。

 PLAY-BOXはトヨタの小型商用バン「プロボックス」をベースに開発されました。

 プロボックスは、バンのなかでは最大クラスの荷室と軽量ボディを活かした高い経済性が魅力で、商用目的以外にもアウトドアユースとしての需要が高まってきています。

 今回出展されたPLAY-BOXはプロボックスの積載能力と経済性はそのままに、フロント周りを変更することでいままでとは違った印象です。

 変更点はバンパーやグリルだけでなく、ヘッドライトまで手が加えられていて、個性を重視する人にはとくにおすすめできるといえるでしょう。

 ヘッドライトは角目を採用し、昔のタウンエースのように造形の深い顔立ちになったことで、クラシカルな印象を演出しています。

 また、リア周りもフロント部分の造形の深さに合わせて、バンパーの厚みを拡大し迫力あるスタイルとなりました。

 ちなみに前後バンパーはメッキ加工をすることで、より個性を強調しています。

 また、ボディカラーをグレー系のラプターライナーで仕上げにすることで、アウトドアテイストの印象を深めました。

 ほかにもハードカーゴキャリアラックとサイドオーニングを装着することで、キャンプなどでも効力を発揮するだけでなく、注目度も高まることでしょう。

 内装は基本的にノーマルですが、汚れに強く、レザーシートのような風合いのアームスシートカバーを着用することで、商用テイストからの脱却につながっています。

ルーフにはライトがたくさん!
ルーフにはライトがたくさん!

 このような商用バンの概念を覆すクルマに仕上がったPLAY-BOXですが、このクルマをカスタムした経緯について、T-STYLE AUTO SALESの担当者は以下のように話します。

「PLAY-BOXは、人とかぶらなそうなデザインにしたいというコンセプトのもとに作り上げたこだわりの1台です。

 フロント部分はフェイスアップキットを使って顔のつくりを変えています。

 内容としては、プッシュバンパーにしてボンネットのうえにカバーを付けてグリルにボリュームを持たせています」

 ほかにもカスタムをした点で製作者がこだわっているポイントについて、前出の担当者は以下のように話します。

「昔のタウンエースやADバンのようなクラシカルなスタイルを演出するために、ヘッドライトに角目を採用するだけでなく、入り込んでいる形のエアロキットとしました。

 リアバンパーもフロントデザインに合わせてプッシュバンパーを採用してリアビューも迫力あるものになりました」

 また、今後のカスタムの展開について前出の担当者は続けて話します。

「新車からフルカスタムしてコンプリートカーとして販売することもできますし、現在プロボックスを所有している人に関しては、部品単体での販売もおこなっています」

※ ※ ※

 丈夫で荷室も広いプロボックスなら、今回のようなカスタム仕様で理想的なアウトドアのクルマに近づけることができるかもしれません。

【画像】こっちは「プロボックスSUV」 凄い顔を画像で見る!(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー