トヨタ新型「ハイラックスチャンプ」乗った印象は? 操縦性は「昭和時代のFRスポーツ!?」 どんなクルマなのか

日本での販売を期待されるトヨタの新型ピックアップトラック。タイでは「ハイラックスチャンプ」という名前で2024年1月から発売されます。先行して試乗した印象はどうだったのでしょうか。

話題の新型「ハイラックスチャンプ」を試乗

 2024年1月にタイで発売されるトヨタ新型「ハイラックス・チャンプ」。
 
 現地で乗った印象はどうだったのか。ガソリン車・ディーゼル車を試乗してみました。

どこか懐かしい操作性の新型ハイラックスチャンプ
どこか懐かしい操作性の新型ハイラックスチャンプ

 1つのプラットフォームを用いて世界の新興国の多様なニーズにあわせて生産を行なう世界戦略車プロジェクト「IMV」。

 あまり知られていませんが、トヨタのクルマづくりの構造改革「TNGA」をいち早く実践した物づくりを行なっているモデル群になります。

 ちなみに、このプロジェクトの責任者は当時アジア本部長だった豊田章男氏です。

 現在は「ハイラックス(IMV I-III)」、「ハイラックス・フォーチュナー(IMV IV)」、「イノーバ(IMV V)」をラインナップ。

「カローラ」や「ヤリス」、「カムリ」と並ぶトヨタのビジネスをけん引する重要なモデルへと成長しています。

 IMVの開発コンセプトは「多くの人に移動の自由の提供」で、アフォーダブルな価格ながらも魅力ある商品展開が特徴です。

 しかし、世代を重ねるにつれて豪華な方向にシフト。

 この辺りは消費者側のニーズの変化もあるので難しい部分ですが、手に入れられない層が出てしまっているのも事実です。

 そんな反省を元に、「IMVの原点に戻る」と開発されたのが、2022年12月に行なわれた「タイトヨタ60周年記念式典」で初公開された「IMV 0」になります。

 この時トヨタは「市販モデルは1年くらいの間に登場します」と。その公言通り、2023年11月27日にタイで「ハイラックス・チャンプ」と言うネーミングで正式発表、2024年1月から発売が開始されるそうです。

 そんなモデルにタイで試乗を行なってきました。

 先日行われた「ジャパンモビリティショー2023」のトヨタブースに展示されていたことからも解るように日本導入を検討中です。

 筆者を含めた日本メディアにあえて試乗させたのは、「日本での反応を確かめたい」と言う意図があるような気がしています。

 エクステリアは日本でも発売される「ハイラックス(8代目)」と異なり、平面を組み合わせたかのようなカクカクしたデザインを採用。

 トヨタの名をアジアに広めた功労車とも言える「初代キジャン・ピックアップ」を彷彿とさせつつも、最新のランクル(250や70)にも似たフロントマスクや各部のリブ形状、ボディ下部の樹脂パーツなども相まって、シンプルながらも決して質素ではなくどこかアソビ心があるスタイルに仕上がっています。

 インテリアは水平基調のインパネにシンプルなアナログメーター(何とタコメーターレス)、初代bBを思い出す丸形の空調グリル(オレンジの加飾付きも有)、ユーザーが後から様々なアイテムを装着できるようなアタッチメント(様々な部分にネジ穴が存在)が配置されたシンプルかつ機能的なデザインです。

 ちなみに今回の試乗車は“素”に近いモデルで、随所にスイッチホールカバー(上級モデルはここに様々なアイテムが装着されるはず)が見かけられたのと、手動式ウィンドウレギュレーター仕様(パワーウィンドウ付も設定)でした。

 シングルキャブのため運転席/助手席の後ろのスペースは最小限ですが、170cmの筆者は普段と同じシートポジションにできるくらいの調整代はあります。

 シートはシンプルな形状の一体式で見た目と裏腹にクッション性が高く座り心地は良好。欲を言えばビニールレザーの表皮は滑りやすいので前後左右共にもう少しホールド感は欲しいですが、贅沢はいいません。

 パワートレインはハイラックス(IMV I)のリソースを活用しながら最適化して搭載しています。

【画像】「えっ…!」めちゃカッコイイ! トヨタ新型「ハイラックス チャンプ」を画像で見る!(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー