全長4mの「高級車」! 上質すぎる「豪華内装」採用したコンパクトカーが凄い! マツダが仕立てた渾身の「高級モデル」とは

かつてマツダは「ベリーサ」というコンパクトカーを展開していました。現在は新車として存在しない同車は一体どのようなモデルで、なぜ消滅してしまったのでしょうか

「スペシャル」を目指したコンパクトカー

 マツダのコンパクトカーといえば、伝統的な車種として「デミオ」が挙げられます。
 
 1996年の初代モデル登場以降、フルモデルチェンジを繰り返しながら、現在は「マツダ2」と改名した4代目が販売されているなど、同社を代表するクルマと言えます。
 
 その一方で、デミオとは異なるキャラクター性を持つコンパクトカーとして、かつて「ベリーサ」というモデルが存在していました。

まさに「高級コンパクト」の先駆けか
まさに「高級コンパクト」の先駆けか

 ベリーサは2004年6月に発売した「セミトールワゴンタイプ」のコンパクトカーです。

 当時すでに2代目となっていたデミオと同じプラットフォームを採用していることから、ホイールベースはデミオと同じ2490mmですが、ベリーサの全長はデミオよりも50mm長くなっており、やや大きなボディサイズを採用していました。

 ベリーサはベースのデミオよりも高級志向のモデルとして位置づけられていたため、当時は珍しかったアドバンスドキーを標準装備したほか、本革シートやHDD内蔵のミュージックシステムをオプションに用意。

 ハイグレードな装備を用意することで、積極的に他車との差別化を図っていました。

 また、上質な仕立ては装備品のみならず、広々とした車内空間に防音材を取り入れ静音性を高めるなど、ワンランク上のコンパクトカーに相応しい設計が施されています。

 搭載するパワーユニットは、最大出力113馬力・最大トルク14.3kgf・mを発揮する1.5リッター直4エンジンに4速ATの組み合わせで、駆動方式はFFと4WDから選択が可能。

 これはデミオの上位グレードと同じエンジンで、1100kgの車重には十分なパワーによってコンパクトカーらしい軽快な走りが特徴です。

【画像】「えっ…!」 これがベリーサの「超豪華内装」です(37枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ベリーサは軽をひとまわり大きくしただけのつまらん車です

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー