トヨタ新型「ステーションワゴン」発表! 鮮烈“オシャグリーンカラー”登場に反響も! 新「カローラ ハッチバック&ツーリングスポーツ&セダン」欧州に登場

トヨタの欧州法人は「カローラシリーズ」の新たな改良モデルを発表しました。これについて日本でも様々な反響が集まっています。

オシャレな「オニキスグリーン」2トーンカラーを新採用

 トヨタの欧州法人は2023年10月13日、ハッチバックやツーリングスポーツ、セダンといった「カローラシリーズ」の新たな改良モデルとなる2024年型を発表しました。

 カローラシリーズの登場に、日本ユーザーから反響が寄せられています。

鮮烈グリーンがオシャレ! トヨタ新型「カローラツーリングスポーツ」
鮮烈グリーンがオシャレ! トヨタ新型「カローラツーリングスポーツ」

 トヨタのカローラシリーズは1966年に登場。2021年には世界累計販売5000万台を達成するなど、トヨタを代表するブランドのひとつです。

 現行モデルは2018年に登場した12代目で、ハッチバックモデルの「カローラスポーツ」が登場。翌2019年にはセダンモデル「カローラ」と、ステーションワゴンモデル「カローラツーリング」が展開されました。

 カローラシリーズは世界150の国と地域で販売されており、地域独自の派生モデルもありますが、12代目は最新のTNGA GA-Cプラットフォームをグローバルで採用し、大幅な効率化が図られています。

 ちなみに日本仕様も3ナンバーのワイドボディですが、日本の道路事情に配慮し、セダンとカローラツーリングについては全幅やミラー幅、全長などを抑えコンパクトにした独自仕様です。

 日本仕様は、2022年にマイナーチェンジを実施。内外装デザインの小改良とともに、ハイブリッドシステムの刷新や先進運転支援機能のアップデートが行われたほか、コネクティッド機能を強化した新世代ディスプレイオーディオなどを採用しました。

 欧州向けモデルについても同様の改良が2022年に行われ、これが2023年型として現在販売されていますが、今回発表されたのは、その一部改良版となる2024年型です。

 2024年型は、スマートフォンをクルマの鍵として使うデジタルキー機能やナノイーX空気品質システムを導入。

 また、ボディカラーに、ハッチバックとツーリングスポーツで新色「スーパーグリーンメタリック」(2トーンカラーのみの設定)を追加。セダンには「プレシャスシルバー」を新設定しました。

 カローラシリーズの登場に日本ユーザーから「日本でMT出て」「日本でも販売してほしい〜」と熱望する声のほか新色のグリーンカラーに「色いいなあ」と称賛する声など、様々な反響が集まっていました。

 なお、価格などは欧州の各市場で異なります。

トヨタ・カローラ のカタログ情報を見る

【画像】超カッコいい! オシャレ”グリーン”のトヨタ 新型「カローラ」を画像で見る(97枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

りゅー へ返信する コメントをキャンセル

4件のコメント

  1. 顔がハリアー

  2. この色がオシャレなんかごわからん
    どこの国で?
    日本でバカ売れする色じゃ無いよね
    白や黒に比べたら下取り価格は15〜20万は下がる色

  3. これは売らなくてもいいと思う

  4. ホンダのシャトルが廃番になったから、トヨタはやりたい放題だな。カローラバンをいじって、バカ高いステーションワゴンだなんて、いつものトヨタ商法だな。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー