全長5.3m超え! 1000万円級の三菱「最大・最上級セダン」なぜ“短命”だった? 「超有名個体」は今も活躍中!?

車種が整理された今とは違い、フルラインナップを誇っていた当時の三菱が販売していた最上級セダンとは、どのようなクルマなのでしょうか。

1000万円級の「三菱最高級セダン」 なぜ幻に終わった

 今では選択と集中でSUVを中心としたラインナップとなっている三菱自動車(以下三菱)。
 
 過去にはコンパクトカーからスポーツクーペ、セダンとさまざまなボディタイプを網羅するフルラインナップを誇っていた時期もありました。

幻の「三菱最高級セダン」 今でも現役活躍する個体も
幻の「三菱最高級セダン」 今でも現役活躍する個体も

 その時期にフラッグシップセダンのショーファーカーとして存在していたのが「ディグニティ」というモデルです。

 実はこのモデル、およそ1年しか販売されず、その総生産台数も59台と限定車でもないのに超希少モデルとなっているのです。

 1999年12月に発表され、翌年2月から販売を開始したディグニティは、三菱のショーファーカー(オーナー自身は後席に座り、専属運転手に運転を任せるスタイルのクルマ)として、トヨタ「センチュリー」や日産「プレジデント」に対抗するモデルとして登場。

 ベースとなったのは同じタイミングで登場した高級セダン「プラウディア」で、こちらは「デボネア」の後継車種としてリリースされており、このプラウディアをベースにホイールベースを延長し、リムジン化したものがディグニティとなっていました。

 そのため、ホイールベースは3080mmと当時のセンチュリー(2代目モデル)よりもロングホイールベースで、さらに大型高級セダンとしては比較的珍しい前輪駆動レイアウトということも相まって、後席の足元は非常に広々としたものとなっていたのです。

 搭載されるエンジンは、プラウディアにも搭載されていた4.5リッターV型8気筒のDOHC直噴エンジン(プラウディアにはV型6気筒3.5リッター仕様もあり)。

 前輪駆動レイアウトということでそれを横置きに搭載したこともあってか、最小回転半径はきわめて大きく、6.1mとドライバー泣かせの数値となっていました(プラウディアは5.6m)。

 当時の価格は、ベースとなったプラウディアの4.5リッターエンジン搭載モデルが640万円だったのに対しディグニティは990万円と、リムジン化や内装、装備の上級化などもあってかなりの高額となっていますが、1000万円の大台に入らなかったのは意図的なものを感じさせる価格となっていました。

 そんなディグニティですが、前輪駆動レイアウトは高級車に相応しくないという声や、センチュリーやプレジデントに比べて圧倒的に歴史が浅いこと、そして販売開始から半年というタイミングで三菱の不祥事が明るみに出たこともあって販売は低迷。

 前述のように販売開始からわずか1年ほどの2001年3月、プラウディアともども終売となってしまったのでした。

 そんなわずか59台しか世に送り出されていないディグニティの中でも、最も有名な個体といっても過言でないものがあります。

 それが、秋篠宮家の公用車として導入されている2000年式のモデルでしょう。

 すでに登場から20年以上が経過した車両ではありますが、2023年現在も現役のようで、ニュース映像などでその姿を確認することができるのです。

 販売面では成功したとは言い難いディグニティではありますが、長く乗ってくれるユーザーがいるということはクルマにとって一番うれしいことかもしれませんね。

※ ※ ※

 なお、ディグニティ/プラウディアは日産「フーガ/シーマ」のOEM車として11年後の2012年に復活。

 再び三菱の最上級モデルとしてラインナップされましたが、こちらも短命に終わり、2016年に販売を終了。

 現在、三菱における実質的なフラッグシップモデルは「アウトランダーPHEV」となっています。

三菱・ディグニティ のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」 これが「三菱の最高級車」です! (64枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー