斬新すぎる「和製スーパーカー」登場! 全幅2m超え&「ヘビ顔」がめちゃカッコいい! インパクト強めの「オロチ」英での落札価格に驚きの声

イギリスのオークションサイトで、ミツオカのスーパーカー「オロチ」が約620万円で落札され、SNSなどで話題を呼んでいます。

ほぼ「新車」状態! 激レア“和製”スーパーカーが驚きの落札価格に

 2023年11月16日、イギリスのカーオークションサイト「Collecting Cars」で、国産スーパーカーのミツオカ「オロチ」が、3万3448ポンド(当日レートで約622万円)で落札されました。
 
 走行距離わずか80kmのほぼ“新車”状態だという貴重な個体が海外へ流出したことに対し、SNSなどでは様々な意見が寄せられています。

斬新すぎる「ヘビ顔」! 英国のオークションで落札された国産スーパーカー、ミツオカ「オロチ」
斬新すぎる「ヘビ顔」! 英国のオークションで落札された国産スーパーカー、ミツオカ「オロチ」

 オロチは、光岡自動車(ミツオカ)が純国産車にこだわり、日本国内での型式取得を目指し開発したスーパーカーです。

 2001年に開催された第35回「東京モーターショー」にコンセプトモデルとして出展され、大きな反響が寄せられたことから市販化を決定。

 型式認定取得のため、衝突安全試験や環境性能の確保を図るなど苦労を重ね、開発には5年を要したといいます。

 2006年10月に市販モデルを発表し、2007年4月から発売開始されました。

 自社開発のシャシに、最高出力233ps、最大トルク33.4kg-mを発揮するトヨタ製の3.3リッターV型6気筒ガソリンエンジンと5速ATが組み合わされ、キャビン後方にミッドシップで搭載されます。

 ボディサイズは全長4560mm×全幅2035mm×全高1180mmで、極端にワイド&ローな迫力あるフォルムを形成しています。

 日本神話に登場する大蛇(ヤマタノオロチ)をモチーフにしたというデザインは非常に個性的なもので、発表当時大いに注目を集めました。

 1台1台が手造りで生産され、ボディカラーや内装などもオーダーに応じて細かく選ぶことが可能でした。

 当初の計画では、4年間でおよそ400台を生産する予定と発表されましたが、実際にはそこまで満たない生産台数だったようです。

 今回イギリスで落札された個体は、2010年に日本で販売された後、シンガポールのコレクターのもとで長く地下ガレージに保管され、その後英国へ輸出されて、2020年7月に再登録されたようです。

 今回の落札まで、専門の倉庫で保管されていたといいます。

 新車出荷後ほぼ屋内で過ごしてきたとみられ、ブラックのボディカラーの状態は良好で、インテリアもオリジナルのホワイト革内装で華やかなムードを保っています。

※ ※ ※

 SNSなどには、イギリスで落札された貴重な国産スーパーカーに対し、様々なコメントが集まっています。

 多かったのは「懐かしい」「発表されたとき驚いたな」と、当時の衝撃を振り返る声でした。

 そのデザインに対しては「良くも悪くも個性的」「どのクルマにも似てない」という声がある一方で「アクが強すぎ」「怖い」「ヘビ顔が苦手」と、イタリアなどのスーパーカーにも負けない存在感に対しては賛否両論あるようです。

 また、新車発表時1050万円だった販売価格を記憶していた人からは「620万円か」「プレミア価格というワケではないのね」と驚きの声も。

 国内の中古車情報サイトでは、今でも1000万円を超える価格で取引されている事例があることから「海外で買ったほうが安いとは」「貴重な個体がまた国外流出か」などと嘆くコメントも見られました。

【画像】めちゃカッコいい! ミツオカのスーパーカー「オロチ」を画像で見る(30枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー