650馬力の新型「アイオニック5 N」2024年に登場! 日本向け“専用”セッティングも実施! 国内ユーザーのための特別な取り組みとは

ヒョンデが2024年に発売予定の新型EVスポーツカー「アイオニック5 N」は日本向けのセッティングを施したといいます。どのような点が変化しているのでしょうか。

特殊な「日本の環境」でセッティングを実施

 ヒョンデは2024年にスポーツブランド「N」を日本へ投入し、第一弾となるEVスポーツモデル「アイオニック5 N(IONIQ 5 N)」を発売します。
 
 日本向けに専用開発した箇所も多いといいますが、どういう点を改良したのでしょうか。

日本導入が明らかになった「アイオニック5 N」
日本導入が明らかになった「アイオニック5 N」

 2022年2月に乗用車部門として日本国内へ再上陸を果たした韓国のヒョンデ(旧:ヒュンダイ)は、現在電動モデルをメインに展開しています。

 このうち「アイオニック5(IONIQ 5)」はミディアムSUVタイプのEVで、2022年5月に発売。ヒョンデの主力モデルに位置します。

 このアイオニック5をベースとしたスポーツモデルが、アイオニック5 Nです。Nブランドでは初のEVとなっています。

 2023年11月に開催されたFIA世界ラリー選手権(WRC)日本大会「ラリージャパン」では、会場の豊田スタジアム(愛知県豊田市)においてNブランドの日本導入を明らかにするとともに、アイオニック5 Nを日本初公開しています。

 エクステリアは専用カラー「パフォーマンスブルー」を設定したほか、専用リップスポイラー、リアスポイラーを装着。パフォーマンスを予感させるルックスに仕上げています。

 ボディも強化され、溶接ポイントの追加や構造用接着剤の使用量アップにより、強力なパワートレインに耐えるよう、剛性が高められました。

 パワートレインはフロント(222馬力)とリア(378馬力)にそれぞれモーターを搭載する4WDで、ブーストモードによりシステム最大出力は478kW(650馬力)・最大トルク740Nmを発揮。0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は260km/hを誇ります。

 さらに、走行性能を高める電子制御も多く取り込まれ、前後の可変トルク配分機能「Nトルク・ディストリビューション」や、最大0.6Gの回生ブレーキ「Nブレーキ・リジェン」、誰でもドリフト走行が可能な「トルクキックドリフト」などを採用。

 また、ドライビングを盛り上げる演出として、「ICE(内燃機関エンジン)サウンド」や「ジェットファイター(戦闘機)」など、さまざまな種類の走行音を再生する「N アクティブサウンド +」機能も搭載しています。

【画像】めっちゃカッコイイ! 650馬力の新型「爆速スポーツカー」を画像で見る(95枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー