ダイハツが斬新「新型“軽”」初公開! 狙いを秘めた全長3m以下ボディはコロコロ変身! めちゃカワ「変幻自在モデル」への反響は

ダイハツが新型「me:MO(ミーモ)」をジャパンモビリティショー2023で初公開しました。ユニークな「仕組み」を持つこのクルマに対し、SNSではどのような反響が寄せられたのでしょうか。

新型「ミーモ」の狙いは?

 ダイハツが2023年10月、新型「me:MO(ミーモ)」をジャパンモビリティショー2023で初公開しました。SNSではどのような反響が寄せられたのでしょうか。

ダイハツ新型「ミーモ」
ダイハツ新型「ミーモ」

 ダイハツは新型ミーモについて「ライフステージに合わせ、スタイルや楽しみ方を変えることができるサステナブルな軽乗用BEV(バッテリーEV、電気自動車)」と表現しています。

 ボディサイズは全長2955mm×全幅1475mm×全高1590mm、ホイールベース1985mmで、軽乗用車「ミライース」より小さめです。

 テーマを「クルマと人の関係の再定義」とし、内外装構造をモジュール化(共通規格化)することで、デザインのみならず車両形態も変更できるといいます。

 エクステリアは3ドアハッチバックのようなスタイリングですが、モジュール化により灯火類周りやリア上部などあらゆる場所を自由に変えられ、ピックアップトラックにすることも可能です。

 インテリアもエアコンの吹き出し口やドアパネル、シートなど様々な部分が変更でき、自分好みに幅広くカスタムできます。

 このように、内外装パーツの規格をオープンソース化して異業種を巻き込みながら自分好みにカスタムできる世界を構築するという試みは、2代目コペンの「Dress-Formation」の仕組みにも類似しています。

 このユニークな新型ミーモについて、SNSでは「かわいい」「可愛すぎる」といった感想が。

 また、デザインについては、「いかにも電気自動車だ!という感じ」「自分好みに仕上げていく発想は、いかにもダイハツらしい」「(ジャパンモビリティショーで)デザインという意味では一番興味を惹かれた」など、関心を寄せたとする声が複数ありました。

 さらに「あんまり変わらずこのままの雰囲気で出るなら欲しい」といった要望もありました。

【画像】超カッコイイ! ダイハツ斬新”軽”「ミーモ」を画像で見る(46枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー