トヨタが新型「商用バン」公開! イメージ一新の「斬新」顔に! スライドドア装備の「プロエースシティ」欧州で発売へ

トヨタの欧州法人は2023年11月15日、最小サイズの小型商用バン「プロエースシティ」をマイナーチェンジしました。

電動モデルの航続可能距離も50km延長

 トヨタの欧州法人は2023年11月15日、「トヨタプロフェッショナルシリーズ」と呼ばれる商用車3シリーズにそれぞれフル電動化ラインナップを設定するとともに、各モデルのリニューアルを実施しました。
 
 なかでも最小サイズの小型商用バン「プロエースシティ」は、エクステリアのデザインをマイナーチェンジし、イメージを一新しています。

スッキリ顔に一新! トヨタ「プロエースシティ Electric」[欧州仕様]
スッキリ顔に一新! トヨタ「プロエースシティ Electric」[欧州仕様]

 プロエースシティは、トヨタの欧州部門で販売される小型クラスの商用バンおよびハイトワゴン・3列シートミニバンです。

 欧州で提携を結ぶステランティスグループから供給を受けるモデルで、日本でも販売されるプジョー「リフター」/シトロエン「ベルランゴ」などと兄弟車にあたります。

 2019年より販売を開始し、貨物用途から、多人数乗車まで対応する様々なラインナップを用意して欧州ユーザーの需要に対応しています。

 パワートレインも、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどが用意されていますが、2021年にはBEV(バッテリーEV:電気自動車)の「プロエースシティ Electric(エレクトリック)」も追加されました。

 最新世代のモデルでは、バッテリー技術によりクラストップの航続距離330kmをマーク。これまでのモデルよりも50km増加しているといいます。

 またこれにあわせ、エクステリアデザインをプロエース各シリーズ共通のイメージでマイナーチェンジしました。

 トヨタのデザインアイデンティティに沿ったすっきりしたフロントマスクを備え、グレードによりフルLEDヘッドライト、アルミホイールなども設定します。

 室内もステアリングホイールデザインを一新。

 フルデジタルディスプレイや統合ナビゲーションを備えた最新のインフォテインメントシステム、ワイヤレスによるApple CarPlay/Android Auto接続など、最新の車載機能が搭載され、コネクティッド機能も全車種に搭載可能です。

 新型プロエースシティは、今後欧州各地で順次発売される予定です。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「背高バン」を画像で見る(22枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. これってよくあるPSAとのトヨタヨーロッパのOEMモデルでしょ? 明らかにシトロエンベルランゴじゃないか😀

    • そう書いてあるけど。
      リフターベルランゴと兄弟車だって。
      ちゃんと読もう。
      ちなみにフィアットドブロもそうだね。

  2. 日本で3ナンバーだけ売ってカングー潰しすればいいのに。ベルランゴ売れなくなると困るのかな?

  3. カッコイイ これ次期タウンエースとして日本国内で販売して欲しい。
    BEVは要らないからHVで。

  4. こういうのにパ話スライド付けて日本で売ればよい。デザインに関する意識も使い勝手に対する意識も少しは変わっていくのかな。そうしないとどんどんガラパゴス化して最近ではアジア向け企画の車の方が国内向けよりデザイン面で優れていたり国内の道路事情に合ったものが多くなっている。国内ユーザーはなめられて必要以上にに高いものを買わされていることに気付くべきである。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー