黒バンパー採用の新型「ランクル250」を実車展示! ゴツさを全面アピール!? 謎の「1958仕様」を米国で公開

米国トヨタがSEMAショーで新型「ランドクルーザー1958」や「ランドクルーザー・ファーストエディション」の実車を展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

米SEMAショーで展示

 トヨタの米国法人は2023年10月31日、米ラスベガスで開催された世界最大級のカスタマイズカーショー「2023 Specialty Equipment Market Association Show(SEMAショー)」で、新型「ランドクルーザー1958」や「ランドクルーザー・ファーストエディション」の実車を展示しました。それぞれどのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「ランドクルーザー 1958」(米国仕様)
トヨタ新型「ランドクルーザー 1958」(米国仕様)

 トヨタは、従来の「ランドクルーザープラド」に代わり、2024年、新たに「ランドクルーザー250(ランクル250)」を日本国内に導入する予定です。

 新型ランクル250のデザインは、直線基調でタフな外観に原点回帰。そのうえで、内装には最新の機能を盛り込みました。

 日本国内仕様は最高出力204馬力、最大トルク500Nmを発揮する2.8リッターディーゼルターボ+8速ATと、163馬力・246Nmを発揮する2.7リッターガソリン+6速ATが用意されます。

 一方、米国では新型ランクル250が2024年春に発売される予定です。

 米国仕様のランクル250は、最高出力326hp、最大トルク465lb.-ft.を発揮するi-FORCE MAXターボチャージャー付き2.4リッター4気筒のハイブリッドシステムを搭載し、8速ATと組み合わされます。この時、標準仕様に加えて設定されるのが、1958とファーストエディションです。

 ランクル1958は、ランクルが米国に上陸した1958年にちなんで名付けられた“原点回帰”モデルです。

 メッキなどの華美な装飾はなく、無塗装の樹脂パーツを全面に押し出したブラックのフロントフェイスや、「TOYOTA」ロゴがワイルドなヘリテージグリルなど、武骨なスタイリングが特徴です。ランクルの象徴である丸型LEDヘッドライトや「TOYOTA」ヘリテージグリルのほか、LEDフォグランプなどを採用しています。

 タイヤは、ほかのグレードが265/70R18を装着するのに対し、ランクル1958は245/70R18で、やや細いオールシーズンタイヤが採用されました。

 内装は8インチのマルチメディアモニターを搭載(他グレードは12.3インチ)。シートヒーターやステアリングヒーターも備わります。

 米国トヨタは、ランクル250の価格は「5万ドル半ばから」になると明らかにしており、仮に5万5000ドルだとすると日本円で約820万円になるでしょう。

 もう一方のファーストエディションは、生産開始から2か月間、5000台限定で生産避ける限定モデルです。

 伝統的な意匠をイメージさせる丸型LEDヘッドランプをはじめ、ルーフラック、ロックレール、レザートリムシートなどの専用インテリアが装備されています。ボディはツートンカラーです。

※ ※ ※

 SEMAショーは11月4日まで開催され、トヨタブースでは、新型ランドクルーザーのほか、「FJブルーザー」「レトロクルーザー」「タコマ×ランナーコンセプト」「ブルービートル・タコマ」などが展示されました。

【画像】「えっ…!」これは激シブ! 武骨すぎる黒顔の新型「ランクル」画像を見る(28枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. タイヤの表記が変わってないですね!

    • この度はご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー