「えっ…!」クルマに「ウッドデッキ」付いてる!? 3名寝られる「車中泊ベッド」も搭載? もはや「高級ホテルいらず」な新型「クルーキャブテラス」とは

ホワイトハウス・キャンピングカー事業部は、第1回「ジャパンモビリティショー2023」にウッドデッキを後部に備えたキャンピングカー「クルーキャブテラス」を出展しました。車体の後部にウッドデッキを拡張できるインパクト大な仕様です。

贅沢過ぎ! 新型「走る高級ホテル」登場

 2023年10月28日から11月5日まで開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」では、自動車メーカーのコンセプトカーや新型車だけではなく、様々なキャンピングカーも出展されました。
 
 なかでも、ウッドデッキを後部に備えたキャンピングカー「クルーキャブテラス」が公開され、来場者の注目を集めていました。

「えっ…!」後ろにウッドデッキ付き!? インパクト大なキャンピングカー「CREW CAB TERRACE(クルーキャブテラス)」
「えっ…!」後ろにウッドデッキ付き!? インパクト大なキャンピングカー「CREW CAB TERRACE(クルーキャブテラス)」

 これまでの「東京モーターショー」に代わり開催されたJMS2023では、新たに「キャンピングカーエリア」が設置されました。

 日本RV協会(JRVA)とのコラボによる企画で、国内の有名キャンピングカーメーカー各社が最新のモデルを出展していましたが、ホワイトハウス・キャンピングカー事業部(愛知県)が手がけたキャンピングカー「クルーキャブテラス」は、そのなかでもインパクトの強いモデルでした。

 ベース車は、2022年から正規輸入を開始した欧州製の大型バン、フィアットプロフェッショナル「デュカト」のL2H2モデル。

 ボディサイズは全長5410mm×全幅2050mm×全高2525mmで、ホイールベースは3450mmです。

 トヨタ「ハイエース」の大型モデル「スーパーロングボディ」(全長5380mm×全幅1880mm×全高2285mm)と全長自体はあまり大きく違いませんが、見るからに大きく存在感のあるボディです。

 パワートレインは最高出力180馬力、最大トルク450Nmを発揮する2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンで、9速オートマチックトランスミッションと組み合わされます。

 このデュカトをベースにしたクルーキャブテラスは、2023年7月に開催されたキャンピングカーイベント「東京キャンピングカーショー2023」で初公開された新型キャンピングカーです。

【画像】めちゃカッコいい! 豪華すぎる「車中泊」カーを画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー