「観光渋滞」解消なるか 国道118号「袋田バイパス」が12月全線開通! 滝入口を通過する新ルート

国道118号袋田バイパスが、2023年12月に全線開通します。渋滞ポイントの袋田の滝入口交差点を通らない新しいルートです。

残り1.3kmが開通

 茨城県は2023年10月27日、大子町で建設を進めていた国道118号の袋田バイパスが、12月2日15時に全線開通すると発表しました。

国道118号袋田バイパスの北田気大橋(仮称)付近(画像:福島県)
国道118号袋田バイパスの北田気大橋(仮称)付近(画像:福島県)

 国道118号は、茨城県水戸市を起点とし、常陸大宮市、大子町、福島県矢祭町、須賀川市、下郷町などを経て会津若松市に至る路線です。

 このうち大子町の袋田地区は、袋田温泉や、日本三大名瀑の一つである袋田の滝といった観光スポットがありますが、現道は幅が狭いうえにカーブが多く、国道461号と分かれる袋田の滝入口交差点を中心に観光シーズンは渋滞が発生し、住民生活にも支障をきたしているといいます。

 そこで、袋田周辺の交通の円滑化と住民の利便性向上を目的に、大子町袋田から北田気までを結ぶバイパス整備が1990年度にスタート。全長3.6kmのうち、現在までに南側など計2.3kmが開通しています。

 今回開通するのは、残りの大子町南田気から北田気までの1.3kmです。道路は幅員13~15m(うち車道6.5m)、2車線で整備されます。

 これにより袋田バイパスの全線がつながり、渋滞ポイントとなっている袋田の滝入口交差点を避けたルートが完成します。

 県は、袋田バイパスの開通により、交通の安全性や走行性の向上、地域の交流促進、観光シーズンなどの渋滞緩和が図られるとしています。

【地図】国道118号「袋田バイパス」の完成ルートを地図で見る(7枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー