斬新デザインのマツダ「コンパクトスポーツ」世界初公開! 2ローターマシンに「カッコいい」の声続出!? 現場の反響は?

一般公開が10月28日から行われている「ジャパンモビリティショー2023」にてマツダは「ICONIC SP(アイコニックSP)」を世界初公開しました。会場では、どのような反響が寄せられているのでしょうか。

近未来感漂う新型スポーツカー! 現地での反響は?

 マツダは10月28日から11月5日まで開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で、新型スポーツカーのコンセプトモデル「MAZDA ICONIC SP(マツダ・アイコニックSP)」を世界初公開しました。
 
 会場ではどのような声が寄せられたのでしょうか。

マツダが新たに発表した「アイコニックSP」
マツダが新たに発表した「アイコニックSP」

 新型アイコニックSPは、次世代の2シータースポーツカーのコンセプトモデルであり、マツダの歴史と伝統であるロータリーエンジンを搭載します。

 ロータリーエンジンは、1967年に登場した「コスモスポーツ」に搭載され、その後は様々なモデルに用されてきました。

 1977年にデビューした「RX-7」はロータリーエンジンを代表するモデルとして、3世代のモデルチェンジを行うなど、世界的に高い評価を得ているモデルです。

 のちの「RX-8」にもロータリーが搭載され、マツダのスポーツモデルを象徴するエンジンになっています。

 アイコニック SPに搭載される「2ローターRotary-EVシステム」は最高出力は370PSを発揮。

 特徴的なのは従来のガソリンを使用するだけではなく、水素をはじめとした様々な燃料を使用できます。

 さらに水素などのカーボンニュートラル燃料で発電すると同時に、搭載するバッテリーを再生可能エネルギーを使用して充電することで、完全なカーボンニュートラルな走行を実現することも可能です。

 見た目は、優れた運動性能を印象づける低重心のプロポーションを目指し、軽量・コンパクトなロータリーエンジンをクルマ中央部に寄せて搭載するコンセプトにより、50:50前後重量配分を実現。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、車両重量は1450kgです。

 また、SNSなどではロータリーエンジンを搭載した次期型のマツダのスポーツカーということで「RX-7・RX-8の後継モデルきた!」などと多くの注目を集めていました。

 前述のようにマツダの代名詞となってるロータリーエンジンを搭載しているというのは、大きな魅力となっているようです。

 そんなアイコニックSPについて、マツダブースの担当者は次のように話します。

「世界初公開ということで、驚かれる人が多くいました。反響はポジティブなものをいただいております。

 デザインについても『カッコいい』というお声をいただいており、とくにシザードアの採用について興味を持たれる人が多い印象です。

 こちらはマツダが進めている『前向きに今日を生きる人の輪を広げる』というマツダの企業理念を体現する、先進的なデザインになっています。

 次期型スポーツモデルとして、SNSなどでも多く反響をいただいております。

 なかでも『ロードスターやRX-7の後継モデルになるのでは?』というお声もあるかと思いますが、こちらのモデルは、あくまでも次期型コンセプトとしてのモデルであり、何かの後継などというわけではありません」

 実際に会場でアイコニックSPを見ていた男性は「これまでのマツダの赤とは違う色合いが気に入りました。さらにロータリーはスポーツカーに載せてこそ意味があると思うので今後に期待したいです」とコメント。

 また別の女性からは「モビリティショーに色々なコンセプトカーがありましたが、私はこのアイコニックがカッコいいと思いました。女性が乗ってもスマートかなと」と話しています。

 このように、アイコニックSPは会場でも様々な反響が寄せられており、特にそのデザインに注目する人が多いようです。

※ ※ ※

 アイコニックSPの実車が展示されるジャパンモビリティショー2023は、東京ビッグサイトで11月5日まで開催されています。

【画像】「えっ…!」これが新型2ロータモデル! 斬新デザインの画像を見る!(50枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー