日産が次期「エルグランド」を発表!? 世界初公開の新型「プレミアムミニバン」に注目! 元祖「キング・オブ・ミニバン」全面刷新の可能性は

日産は第1回「ジャパンモビリティショー2023」で、新型コンセプトカー「ニッサン ハイパーツアラー」を世界初公開しました。同車は高級ミニバン「エルグランド」の次期型を思わせるコンセプトカーとして注目を集めていますが、一体どのような意味合いを持つコンセプトカーなのでしょうか。

日産が新型「プレミアムミニバン」を初公開

 2023年10月25日から開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」で、日産は新型コンセプトカー「ニッサン ハイパーツアラー(以下、ハイパーツアラー)」を世界初公開しました。
 
 日産にはラージサイズの高級ミニバン「エルグランド」がラインアップされていますが、今回初公開されたハイパーツアラーはエルグランドの次期型モデルを彷彿とさせる堂々としたボディサイズや先進的なスタイリングが取り入れられており、その正体について注目が集まっています。

次期エルグランドを彷彿とさせる!? プレミアムミニバン「ハイパーツアラー」
次期エルグランドを彷彿とさせる!? プレミアムミニバン「ハイパーツアラー」

 日産はハイパーツアラーについて、「おもてなしの精神や上質さ、自動運転をはじめとする数々の先進技術を融合した“プレミアムEVミニバン”」と説明。

 完全自動運転が可能なEVとしたことで滑らかな走行を実現し、同乗者と車内で過ごす時間をより一層楽しむことができる、快適な移動空間として提案するモデルだといいます。

 そのエクステリアは、シンプルで大きな面構成のボディパネルとシャープなキャラクターラインが組み合わされ、組子模様のホイールやボディカラーも相まって“日本の伝統美”を感じさせるもの。

 ウインドウ下のショルダーラインを走り車体を一周する白い光るLEDライトは、未来的な印象を与えるだけでなく、ヘッドライトやシグネチャーランプとしても機能します。

 前後のドアはともにスライドタイプで観音開き式に開くうえ、Bピラーレスの構造を採用したことで、外から見ても伝わる広々とした空間が車内に広がります。

 フルフラットのフロアには全面的にLEDパネルを搭載。車内に川床や空など自然の風景を映し出すことで、よりリラックスした移動を可能とし、デジタルと自然を融合させた新しいラグジュアリー感も演出しています。

 また完全自動運転モードで走行中には運転席と助手席を反転させることが可能で、前後シートの乗員同士が顔を向かい合わせてコミュニケーションを楽しむこともできます。

 そんなハイパーツアラーの最大の特徴は、全固体電池を搭載した革新的なパッケージングによって超低重心化を実現した「ニッサンEVテクノロジービジョン」を採用している点と、進化した電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載している点にあります。

 これらを組み合わせたことにより、4輪を自在に制御した滑らかな加減速と安定感のある走りを実現。運転席と助手席が反転して後ろ向きとなっている状態であっても“クルマ酔い”を起こしにくく快適な乗り心地を提供できるようになりました。

【画像】次期「エルグランド」どうなる! これが新型「ハイパーツアラー」です(48枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. アルヴェル一強ではLクラスミニバンは盛り上がりません。思わせぶりはよいので、次期エルグランドの早期の発売を願います!

  2. 公道で走ってから

  3. こんだけ待たせてモックとか有り得んわ
    直ぐにでも販売されるような完成度のものを期待してたのにがっかりや
    今回色々やらかしたトヨタを出し抜く絶好のチャンスやったのに、輪かけてダサいわ日産

  4. これきっと売れますから、兎に角出しましょう。
    「やっちゃえ日産」だからこそ「今でしょ!」

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー