「ロマンの塊」! マツダ「新型ロータリースポーツカー」世界初公開 「RX-7」復活!?「アイコニックSP」への反響は

マツダは第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」で、新型スポーツカーのコンセプトモデル「アイコニックSP」を世界初公開しました。マツダ独自技術であるロータリーエンジンを搭載しているのが特徴です。

マツダが「ロータリー」スポーツカーを復活

 マツダは2023年10月25日、新型スポーツカーのコンセプトモデル「MAZDA ICONIC SP(マツダ・アイコニックSP)」を、第1回「ジャパンモビリティショー(JMS)2023」で世界初公開しました。これに対し、早速SNSなどで反響が集まっています。

マツダ新型「アイコニックSP」
マツダ新型「アイコニックSP」

 新型アイコニックSPは、ロータリーエンジンを搭載した次世代2シータースポーツカーのコンセプトモデルです。

 マツダのJMS2023の開催テーマは、「『クルマが好き』が、つくる未来。」。今回、この開催テーマを象徴するのが、世界初公開された新型アイコニックSPです。

 2人乗りのクーペボディに、水素など様々な燃料を燃やせる拡張性の高いロータリーエンジンを活用した「2ローターRotary-EVシステム」を搭載しています。

 最高出力は370PSで、カーボンニュートラル燃料で発電するとともに、搭載バッテリーも再生可能エネルギー由来の電力で充電すると、実質カーボンニュートラルでの走行が可能です。

 ロータリーエンジンは、1967年に「コスモスポーツ」で量産化に成功して以来、マツダ独自のエンジン技術として発展。

 1977年に登場した2ドアスポーツカー「RX-7」に搭載されて以降は、主にスポーツモデル用の高性能パワーユニットとして支持を集めてきました。

 3世代続いたRX-7が2002年に終了後、実質的な後継車である4シーター・4ドアのスポーツクーペ「RX-8」が2003年に発売されましたが、2013年には販売を終えています。

 アイコニックSPのスタイリングは、往年の3代目RX-7(FD-3S)と、初代「ロードスター」(ユーノスロードスター)を思わせるプレーンなラインをミックスしたような、流麗なフォルムが特徴です。

 ボディサイズは、全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、ホイールベース2590mm。車両重量は1450kgです。

 このアイコニックSPに対し、SNSでは「やりおったな」「ロマンの塊だなー」「いいじゃないマツダ、上手だなあ」など、驚きと歓迎の投稿が並びました。

 また、「めっちゃカッコイイ。RX-7とロードスターをめっちゃ上手く掛け合わせた感じ」「ヌルンとしていてグラマラス」「思ったより大きい! びっくり」といった感想も。

 さらに、「価格にもよるけど久しぶりに欲しい!ってクルマが出てきました」「このコンセプトは実現してほしい」など期待する声もありましたが、「カッコいいけどマツダだから市販車は出ないでしょ」と一歩引いた投稿もありました。

「とりあえず現物を見てみたい」「とにかくモーターショーは見に行かないとな」といった声もあり、直接、展示会場へ足を運ぶ予定の人もいるようです。

※ ※ ※

 ジャパンモビリティショー2023は、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催。一般公開は10月28日から11月5日まで。コンセプトカーの新型アイコニックSPは、マツダブースで一般公開される予定です。

マツダ・ロードスター のカタログ情報を見る

【画像】次期型「RX-7」!? 世界初公開のマツダ「新型ロータリースポーツカー」を写真で見る(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 現行ロードスターといい、テールランプのデザインが残念な気がします。
    後続車は後ろの顔で車種の判断をしたりイメージをもつワケで。
    カッコ良いのに残念だ。

  2. コルベットスティングレイのオマージュっすか。フロントグリルの五角形がフォードっぽさを残してる。アメリカ人受け狙ってるでしょ。Aピラーの付け根が美しい。ワイドフェンダーに反して内側に極端に外装色が入り込んで厚みを増したドアがドライバーをガード。ウィンドウが頭部に近く、室内空間の狭さも相待って、後方視界抜群かもしれない。乗りやすそう。

  3. LEDライトになるだけでこんなにデザインの自由度が変わるんだね。
    おもしろい。

  4. ガレージにコレが在ったら‥見る度にニヤける

  5. モビリティーショーでマツダの人と話した時、リトラクタブルライトは空力装置という理由でと仰ってました。外部突起規制で難しいだろうなと思っていましたが、電動リアスポイラーが各社出ているから電動フロントスポイラーと考えればワンチャン実現の可能性がある!と思ってきました。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー