1900万円超え! 爆速「新型ステーションワゴン」発売! 630馬力V8搭載の新型アウディ「RS6アバント パフォーマンス」登場! 「RS7」も設定

アウディ ジャパンは2023年9月21日、ハイパフォーマンスステーションワゴン「RS6アバント」およびハッチバック「RS7 スポーツバック」に性能向上したスポーツグレード「RS Performance」を設定し発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

20馬力アップした630馬力のV8ツインターボ搭載!

 アウディ ジャパンは2023年9月21日、ハイパフォーマンスステーションワゴン「RS6アバント」およびクーペハッチバック「RS7 スポーツバック」に性能向上したスポーツグレード「Performance(パフォーマンス)」を設定したと発表しました。
 
 2モデルともに同日より発売となります。

「RS6アバント」「RS7」にハイパフォーマンスモデル登場
「RS6アバント」「RS7」にハイパフォーマンスモデル登場

 RS6はミディアムサイズセダン・ステーションワゴン「A6」をベースに、アウディのレーシングモデル・スポーツグレードを手掛けるアウディ スポーツが開発・製造をおこなうハイパフォーマンスモデルです。

 初代は2003年に登場し、A6をベースにV型8気筒ツインターボエンジンと四輪駆動システム「quattro」を組み合わせ、以来この特徴を継承しつつ(2代目・C6型のみ自然吸気V型10気筒エンジンを採用)4世代にわたって展開してきました。

 2013年には5ドアクーペハッチバック「A7」をベースとしたRS7が登場しました。

 現行型は2020年11月に日本で発表された4代目(RS7は2代目)で、V8ツインターボエンジンに48Vバッテリーを組み合わせるマイルドハイブリッドを採用しました。

 このほか、ワイドボディや3Dハニカム構造のグリルなど、歴代かつ最新のRSシリーズに共通するエクステリアを備えています。

 今回登場したパフォーマンスは、通常モデルと比較しターボチャージャーの大型化とブースト圧を2.4barから2.6barに引き上げるなど、動力性能の向上を実現しました。

 これにより、通常モデルよりも最大出力は30PS・最大トルクは50Nmアップし、最大出力630PS・最大トルク850Nmを発揮。0-100km/h加速は0.2秒早い3.4秒に向上しています。

 エンジン低負荷時には8気筒のうち4気筒を休止させる「シリンダーオンデマンド」を採用することで、高効率も実現しました。

 さらに、パッケージオプションの「RSダイナミックパッケージ」を標準装備することで、最高速度が280km/hにアップされ、ダイナミックオールホイールステアリング、リアスポーツディファレンシャルも標準となります。

 エクステリアはグロスブラックのグリルを装備し、専用色「アスカリブルーメタリック」も用意。RS6アバントにはマットグレーのルーフレールを特別装備しました。

 インテリアでは、大型アルミニウムパドルシフトや専用3スポークステアリング(ヒーター付き)、RSロゴ入りバルコナレザースポーツシートに加え、ヘッドアップディスプレイ、16スピーカーを搭載するBang & Olufsen 3D サウンドシステムを標準装備しました。

 RS 6 アバント パフォーマンスの価格(消費税込)は1910万円、RS7 パフォーマンスは1980万円に設定されています。

 なお、2モデルともに左右どちらのハンドルも選択できます。

アウディ・RS6アバント のカタログ情報を見る

アウディ・RS7スポーツバック のカタログ情報を見る

【画像】ワイドボディの迫力スゴい! 爆速ワゴン「RS6アバント」を画像で見る(33枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント