高速道路にある「謎の信号」 設置の意味はナニ? トンネル前で見かけるが… めったにない“赤信号”ではどうすればいい?

高速道路で見かける信号機は、どのような意味があるのでしょうか。

高速トンネルにある信号機は何のため?

 高速道路を走っていると、トンネルの入口で信号機を見かけることがあります。
 
 なぜ高速道路に信号機が設置されているのでしょうか。

高速道トンネルのナゾ信号 赤になったらどうすればいい?
高速道トンネルのナゾ信号 赤になったらどうすればいい?

 高速道路を走っている途中、トンネルに差し掛かるときに信号機を見たことがある人も多いでしょう。

 これは坑口(こうぐち)信号機といい、名前の通りトンネルの出入口に設置されています。

 しかし、渋滞時や危険を避ける場合を除いて、基本的に高速道路では走行中に停車する必要はありません。では、何のために設置されているのでしょうか。

 実はこの坑口信号機には、トンネル内で災害が起きたことをドライバーに知らせる役割があります。

 信号を点滅させ、後続車が入ってくることを防ぐというトンネルの非常設備のひとつなのです。そのため、高速道路だけでなく一般道のトンネルにも設置されています。

 とはいえ、すべてのトンネルに付いているわけではありません。坑口信号機について、NEXCO東日本の担当者は次のように話します。

「坑口信号機は、長大トンネルなどの入口に設置されています。赤信号の場合は進入禁止です。

 トンネルが進入禁止となった場合は、緊急車両の通行の妨げにならないよう、道路の左側にクルマを寄せてトンネルの手前で停車してください」

 坑口信号機は入口からでは内部の様子がわかりにくい長さ5km以上のトンネルや、断続的に5km以上トンネルが続く道路において、トンネル入口や中間地点に、警察と協議したうえで設置されています。

 また、内部がわかりにくいという点では、急カーブや急勾配のトンネルに設置されることもあります。

 このように、坑口信号機は災害を知らせることが目的なので、青、黄、赤の3色の信号を順番に点灯させることはありません。平常は青信号が点灯し、異常がある場合のみに黄や赤に変わります。

 そのため、黄や赤になっている状態を見たことがないという人も多いでしょう。では、実際に信号が青以外に変わっていたらどうすればよいのでしょうか。

 まず黄信号はトンネル内で渋滞や軽い事故が起きていることを知らせています。この場合は、周囲に気をつけながら進行して構いません。

 トンネル内で事故や災害など重大な事象が発生している場合は、車両の通行を止めるために赤信号が点灯します。

 この場合はトンネルに入ってはならず、緊急車両に道を譲るために路肩に寄せて停車してください。

 なお、坑口信号機近くに設置されている道路情報板にはトンネル内の状況やドライバーへの指示が表示されることもあるので、しっかり確認したほうがよいでしょう。

 このほか、トンネル内で工事などにより車線規制がある場合は、そのレーンのみ黄色や赤色が点灯することがあるようです。

 この場合は青信号になっているレーンに移動することが必要です。

【画像】「えっ…!」 これが「高速道路上の信号」です!(39枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 5kmとか言わず、出口が入り口から視認できない長さのトンネルは全部に付けて欲しいですね。
    5kmのトンネルにはあるのに、4.8kmのトンネルには付けませんとか言われても、そんなの大差ないでしょ。

  2. 高速道路上の信号に黄信号はありません。あるのは黄点滅です。誤解を招くような記載はやめて頂きたい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー