トヨタ新型「クラウン ミニバン」実車展示! 1700万円超えの“超豪華”仕様! “王冠マーク”の「クラウン ヴェルファイア」中国 西安に登場

2023年7月29日、一汽トヨタは中信銀行と開催した「首站西安」の様子を、SNSアカウントを通して写真や動画で公開。これを見ると6月21日に発表されたばかりの新型「クラウン ヴェルファイア」の実車が展示されたようです。

新型「クラウン ヴェルファイア」実車展示

 2023年7月29日、トヨタと中国第一汽車集団の合弁会社「一汽トヨタ」は、中信銀行と開催した「首站西安」の様子を写真や動画でSNSアカウントを通して公開しました。

 ここには6月21日に発表されたばかりの新型「クラウン ヴェルファイア」が展示されたようです。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ”新型クラウンミニバン”!?
トヨタ”新型クラウンミニバン”!?

 クラウン ヴェルファイアは、一汽トヨタが2021年から販売している高級ミニバン。日本で販売されている「ヴェルファイア」の中国向け仕様車です。

 初代クラウン ヴェルファイアは、日本で販売されていた2代目ヴェルファイアと同一モデルで、中国では「クラウン」ブランドの一車種として展開され、内外装の各部にクラウンで象徴的な“王冠エンブレム”を装備していました。

 今回実車展示されたのは、6月21日に発表されたばかりの2代目となる新型「クラウン ヴェルファイア」で、ベースのアルファード/ヴェルファイアがフルモデルチェンジされたことにより、あわせてモデルチェンジが行われたクルマです。

 ほとんどのパーツが新型ヴェルファイアと同一ですが、フロントグリルやボディサイドBピラー付近のエンブレムが王冠エンブレムに変わっており、まさに“クラウンミニバン”といった仕上がりになっています。

 リアには王冠エンブレムは配されませんが、テールレンズの中央に「CROWN VELLFIRE」文字ロゴが取り付けられています。

 中国における新型クラウン ヴェルファイアの価格は、「スプリームエディション(至尊版)」グレードが89万9000元(約1800万円)からと、日本の新型ヴェルファイアと比較するとかなり高額です。

※ ※ ※

 一汽トヨタは、このクラウンヴェルファイア以外にも、他市場では「ハイランダー」として展開されるSUVを「クラウンクルーガー」として販売するほか、日本では「クラウンクロスオーバー」として販売されるモデルを「クラウンスポーツクロス」として展開するなど、日本とは一味違った複数のクラウンシリーズが展開されています。

 新型クラウン ヴェルファイアについては8月4日から6日まで、「ブランディングパーティ」が行われているようで、本格的な投入が始まっている様子が伺えます。

【画像】王冠マークがカッコイイ! 1700万円超えの新型「クラウンミニバン」を画像で見る(83枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー