マジで「燃費」良いじゃん… 「クーペSUV」&「コンパクトカー」に驚愕! 美しくエコなデキる奴? フランス車の実力とは

フランスのルノーが展開する「E-TECH(イーテック)フルハイブリッド」にはどのような特徴があるのでしょうか。

ルノーのフルハイブリッドが凄かった!

 日本車では一般的なフルハイブリッド(出力の大きなモーターを組み合わせるハイブリッド)ですが、実は欧州車やアメリカ車では一般的ではありません。
 
 そんな中フランスのルノーが展開する「E-TECH(イーテック)フルハイブリッド」にはどのような特徴があるのでしょうか。

ルノー「アルカナ」
ルノー「アルカナ」

 欧米ではフルハイブリッドを飛び超えてEV(電気自動車)のラインナップが増えています。

 さらにハイブリッドといえばマイルドハイブリッド(小型モーターを組み合わせるハイブリッド)もしくはプラグインハイブリッド(大型のバッテリーを搭載して外部充電ができるハイブリッド)が主力だからです。

 そんななか「E-TECHフルハイブリッド」と呼ぶ独自機構のフルハイブリッドを展開しているのがルノー。

 コンパクトカーの「ルーテシア」、コンパクトSUVの「キャプチャー」、そしてSUVの「アルカナ」に搭載して日本でも販売しています。

 同ハイブリッドは現在、日本における正規販売の欧州車では唯一のフルハイブリッドです。

 そしてE-TECHフルハイブリッドは、日本におけるルノーの販売のうち約2割まで拡大。

 その魅力がどこにあるのか、実際に試乗して探ってみました。

 まずはシステムの概要を説明しておきましょう。

 エンジンは排気量1.6リッター自然吸気ガソリンで、モーターはメインとサブの2つを搭載。

 さらにエンジン側に4速、モーター側に2速のギヤを持ち、状況に応じて動力を効率よく発生するのが特徴です。

 発進から40km/h程度の低速域はモーターで前へ進み、さらに加速していくとエンジンが始動しエンジンとモーターを最適に活用。

 80km/hを超えると、エンジンを中心に巡行しながら加速時はモーターのアシストも加わります。

 高速域は本国フランスにおける高速道路の制限速度である130km/hまで、良好な燃費をキープできるように開発されていると言います。

 ちなみにルノーといえば世界最高峰の自動車レース「F1」で活躍していますが、バッテリーの制御やトランスミッション開発に関してはF1を経験したエンジニアの知見も含まれているとのこと。

 すなわちE-TECHフルハイブリッドはレースからのフィードバックがおこなわれたシステムなのです。

【画像】こりゃカッコいい! 美しいクーペSUVを写真で見る!(25枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー