車種ごとに専用設計の立体構造を採用! D-SPORTが「タフト」「ロッキー」用の「立体スポーツマット」を発売

D-SPORTは、ダイハツ「タフト」および「ロッキー」用のフロアマットである「立体スポーツマット」を発売したと発表しました。

車種ごとに専用設計された立体構造を採用

 ダイハツ車専門のカスタマイズパーツブランドであるD-SPORTは、タフトおよびロッキー用のフロアマットである「立体スポーツマット」を発売したと発表しました。

ダイハツ「タフト」用「立体スポーツマット」
ダイハツ「タフト」用「立体スポーツマット」

「立体スポーツマット」は、車種ごとに専用設計された立体構造を採用した軽量のスポーツマットで、平面マットではカバーしきれないホコリや汚れをしっかりとキャッチできるといいます。

 運転席側のマットには、足元の滑りを防ぐヒールパットと、マットのズレを防ぐ専用固定フックが付属。脱着も容易で、普段の手入れも簡単に行えるとのことです。

 運転席・助手席側にはD-SPORTエンブレムが付属し、縁取りには鮮やかな赤を採用する事でスポーティーさを演出。「ロッキー(HEV車)」に限り、青の縁取りがされたカラーが用意されています。

 適合車種は、2020年6月以降の「タフト」(LA900S)、2019年11月以降の「ロッキー(ガソリン車)」(A200S/A201S/A210S)、2021年11月以降の「ロッキー(HEV車)」(A202S)で、価格はいずれも2万2000円(税込み)となっています。

 なお、「ロッキー(ガソリン車)」のOEM車であるトヨタ「ライズ」(A201A・A210A/A202A)および、スバル「レックス」(A201F)にも適合するとのことです。

【画像】「ロッキー」(HEV車)は縁取りのカラーが青に!D-SPORTから発売された「立体スポーツマット」の写真を見る(4枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー