「丸目」なのに迫力スゴい! めちゃ小さい新型「爆速コンパクトカー」登場!“MTのみ”の「新型モデル」名門アバルトが発売

ステランティスジャパンは2023年6月16日、「アバルト」ブランドの限定モデル「695 Tributo 131 Rally」を発売しました。

伝説のレーシングカーに敬意を示した新「アバルト」登場

 ステランティスジャパンは2023年6月16日、イタリアのスポーツカーブランド「アバルト」の限定モデル「695 Tributo 131 Rally(695 トリビュート131ラリー)」を発売しました。
 
 アバルトは、同じくステランティスグループに属するイタリアの自動車メーカー「フィアット」の車両をベースに、ハイパフォーマンスなチューニングを施したモデルを展開しているブランドです。

アバルト「695 トリビュート131ラリー」は往年のレーシングカー「131ラリー」がモチーフ
アバルト「695 トリビュート131ラリー」は往年のレーシングカー「131ラリー」がモチーフ

 今回発表された限定モデルは、フィアットのコンパクトカー「500(チンクエチェント)」をベースとした高性能スポーツモデル、アバルト「695 Competizione(695 コンペティツィオーネ)」を基本とし、さらなるカスタマイズを施したモデル。

 1970~1980年代にかけて世界ラリー選手権(WRC)を席巻したレーシングカー「131 Rally(131ラリー)」からインスピレーションを得て開発され、当時のタイトル獲得から40周年を迎えたことに敬意を示すとともに、内外装に多彩な特別装備をまといます。

 695 トリビュート131ラリーのボディサイズは、全長3660mm×全幅1635mm×全高1520mmで、ホイールベースは2300mm。

 最高出力180馬力・最大トルク230Nmを発揮する1.4リッターの直列4気筒ターボエンジンを搭載し、5速MTのトランスミッションのみを組み合わせます。

 695 トリビュート131ラリーは、エクステリアに往年の131ラリーを彷彿とさせる専用の「ワイドフェンダー」や「サイドスカート」を採用。

 また、12段階に角度調整が可能な「アジャスタブルリアスポイラー」を装着したことで、より131ラリーの世界観を表現しています。

 ボディカラーも131ラリーをイメージしたブルーを基調とし、ルーフやリップスポイラー、フェンダーアーチ、サイドスカートにブラック塗装を施した「ビコローレ(2トーンカラー)」を採用。

 さらに足回りには、ダイヤモンド仕上げの17インチ「アルミホイール」に、同じくブラック塗装のブレンボ製4ポッドフロントブレーキキャリパーを組み合わせて精悍な印象を強調しました。

アバルト「695 トリビュート131ラリー」は大胆なレイアウトのエキゾーストパイプを採用
アバルト「695 トリビュート131ラリー」は大胆なレイアウトのエキゾーストパイプを採用

 インテリアは、天然スエード調の高級素材「アルカンターラ」をダッシュボードに使用するとともに、ブルーのステッチ処理が刺激的なSabelt製の専用スポーツシートを採用。

 ダッシュボードとヘッドレスト部には131 ラリーの車体を象ったレリーフをあしらい、特別仕様車ならではのスペシャル感とスポーツマインドを演出しています。

 また、アバルト車ならではの高性能エキゾーストシステム「レコードモンツァ」は、片側2本ずつのエキゾーストパイプを上下に配置した特別なレイアウトとなっています。

※ ※ ※

 695 トリビュート131ラリーは全世界で695台限定のモデルとなり、日本市場における割当数は200台(右ハンドル仕様100台、左ハンドル仕様100台)です。

 車両価格はどちらも517万円(消費税込)となります。

【画像】小さいのにド迫力! アバルトの新型「695 トリビュート131ラリー」を画像で見る(33枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー