狭いとこ「ぐるぐる」! 軽より小回り効く「ホンダe」は車内で「お魚」も飼えるスゴいヤツだった!?

ホンダが2020年に発売したBEV(電気自動車)「ホンダ e」は、個性的なモデルです。他社のライバル車とはひと味違う独自の魅力について紹介します。

「ほのぼの」顔と車内の金魚で「癒される」1台に

 カーボンニュートラル社会の実現に向け、環境に優しいBEV(バッテリーEV:電気自動車)の人気が急速に高まっており、日本メーカー各社も多くの新型BEVを発表しています。
 
 なかでもホンダは、他社に先駆け2020年に「ホンダ e」を発売し、都市部のユーザーを中心に注目を集めています。どういった特徴があるのでしょうか。

カワイイ! シンプルな丸をモチーフにしたフォルムが独特の雰囲気を放つホンダのBEV(電気自動車)「ホンダ e」
カワイイ! シンプルな丸をモチーフにしたフォルムが独特の雰囲気を放つホンダのBEV(電気自動車)「ホンダ e」

 ホンダ eは、主に都市での用途に的をしぼって開発されたBEVです。

 ボディサイズは全長3895mm×全幅1750mm×全高1510mmとコンパクトにまとめられ、乗車定員は4名です。

 同社の小型車「フィット」の全長3995mm×全幅1695mm×全高1515mmと比べても、車幅以外はさらに小さいことがわかります。

 さらにホンダ eは可変ステアリングギアレシオを採用しています。

 最小回転半径で比べてみると、フィットの4.9mに対し4.3mに収まり、幅6m程度の片側1車線道路でもUターン可能なほどの優れた小回り性能を誇るのです。

 通常の小型車では、前方にエンジンを搭載し、前輪で駆動させる「FF」タイプが主流ですが、ホンダ eでは3リッターV型6気筒エンジン車に相当する大トルクの小型モーターを後部に搭載し、後輪を駆動させる独自のレイアウトを採用しました。

 これにより50:50という理想的な前後重量配分を実現し、安定した走りも手に入れています。

 こうした基本的な素性の良さはホンダ eの大きな魅力ですが、それらをさらに上回る特徴と言えるのが、個性的な内外装のデザインです。

 最新テクノロジーを搭載しながらも、外観からはどこか懐かしい印象があります。

 前後ライトを丸型で統一し、全体に丸く滑らかなフォルムでまとめられる「ほのぼの」したデザインです。

 そして最も印象的なのが、インテリアのレイアウトです。

【画像】さかなクンも「ぎょぎょ」!? ホンダeの「車内水槽」を写真を見る(44枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. アプリセンターが終了したので、今はお魚飼えませんよ。

    • ご指摘ありがとうございます。メーカーにも確認のうえ、本文を一部修正いたしました。
      これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、
      何卒よろしくお願い申し上げます。

  2. お魚を飼えるといえば、ヘッドライトやヘールランプ内に水がたっぷり入ってる車を昔はよく見ましたね。今の車はそうならないようになっているようですが。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー