超ゴツ顔の「プロボックス”SUV”」登場!? “ド迫力バンパーガード装備”でもはや「トヨタの商用バン」感なし! コスパ高めのカスタムがスゴイ

アウトドアイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2023」に、カーストックがシルバーのワイルドな「プロボックス」を展示していました。どのようなクルマなのでしょうか。

太めのグリルガード装備のSUVなプロボックス!

 2023年5月20日から21日にかけて開催された、アウトドアイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2023」がAICHI SKY EXPOで開幕されました。さまざまな企業が、キャンピングカーなどアウトドアに適したクルマやグッズを出展しました。
 
 そんなクルマたちの中でも目を惹いたのが、カーストックが出展していた太めのグリルガードを装備した“SUVな雰囲気”のトヨタ「プロボックス」です。

太めのバンパーガードがカッコいい! カーストックのカスタム「プロボックス」
太めのバンパーガードがカッコいい! カーストックのカスタム「プロボックス」

 カーストックは愛知県小牧市に本拠地を置くカーショップ。中古車販売や買い取りに加え、自動車の各種メンテナンスといった幅広い業務を行っています。中でも、最近力を入れて取り組んでいるのが、プロボックスのカスタムです。

 そのカーストックのブースにあったのが、太めのグリルガードを装備したシルバーのプロボックスです。この車体カラーは純正色ですが、その印象は通常のプロボックスから大きく変わっています。

 屋根の上にはルーフラックを装備。フロントにはオリジナルのグリルガード(税込9万8780円、塗装は7万6780円)も取り付けており、肉厚なデザインやブラックのチッピング塗装が、シルバーの車体とよくマッチしています。

 また、車内にはさまざまなアイテムを付けられるラゲッジウインドウラック(左右二枚セットで税込4万9500円)を配置しています。商用バンらしいスペースも伴って、キャンプなどでの使い勝手も良さそうです。

 本車両は、主に個人事業主をターゲットにしているとのこと。また、純正カラーなので、比較的リーズナブルな価格でカスタムできるそうです。

※ ※ ※

 プロボックスは、トヨタ自動車が展開している商用向けバン。高い積載量に加え、最高出力109馬力・最大トルク136Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒エンジンなどを搭載。ビジネスマンの足として、日本全国で活躍しています。

 さらに近年では、個人によるプロボックス購入も増えており、その積載量などを活かしたアウトドア仕様もよく見かけます。

トヨタ・プロボックス のカタログ情報を見る

【画像】超ゴツくてカッコイイ! もはやSUVな「プロボックス」を画像で見る(50枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー