トヨタの元祖「高級SUV」なぜ大人気? トヨタ「ハリアー」が高い支持を受け続ける理由とは

元祖「高級SUV」としても知られるトヨタ「ハリアー」は、2022年の販売台数ランキングにおいて18位にランクインしています。決して安いとは言えない車両価格にも関わらず、高い支持を受け続けるハリアー魅力とは一体どこにあるのでしょうか。

元祖高級SUV! トヨタが誇る「ハリアー」の魅力とは

 トヨタのミドルサイズSUV「ハリアー」は、ラグジュアリーな都市型SUVというカテゴリーを世界に先駆けて創出した、まさに元祖「高級SUV」とでも言うべき存在です。

 4代目となる現行モデルは、モデルライフ4年目に突入する現在においても変わらず幅広い層からの人気を博しており、2022年の合計販売台数は3万4182台と、普通車全体の18位にランクインしました。

 ベースグレードの312万8000円から最上級のPHEVの620万円という価格は決して安いとは言えませんが、今なお根強い支持を受け続ける4代目ハリアーの魅力は、一体どこにあるのでしょうか。

初代トヨタ「ハリアー」
初代トヨタ「ハリアー」

 ハリアーは、まるで高級セダンの車高を上げたような快適で見晴らしの良い室内空間を備え、歴代を通じて高い走行性能と豪華な装備、スタイリッシュなスタイリングを特徴とするクルマです。
 
 そんなハリアーの初代モデルが発売されたのは1997年のこと。当時はSUVといえばまだ悪路走行を重視した「クロスカントリー車」が中心で、トヨタ「RAV4」やホンダ「CR-V」など都市での走行を重視した「オンロード向けSUV」というジャンルが認知され始めたばかりという状況でした。
 
 そんななか、乗り心地や舗装路でのハンドリングなどに優れたオンロード向けSUVをさらに発展させた形として、ラグジュアリーセダンのように豪華な仕立てと快適性の高さを重視したSUVという新しい価値観を初代ハリアーが開拓。
 
 現在ではそういったオンロード向けかつ高級感あふれるSUVが一般的ですが、当時はSUVといえば泥まみれになって悪路を駆け巡るイメージが当然だったため、ハリアーの提案した世界観は非常に画期的だったと言えます。

【画像】カッコいい! トヨタの人気高級SUV「ハリアー」を画像で見る(58枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー