レクサスの「超コンパクトカー」!? 全長3.4m級小型SUV「LF-SA」の斬新さに「日本にピッタリ!」と反響も

レクサスは2015年、スイスで開催された「ジュネーブモーターショー」にウルトラコンパクトクラスのコンセプトカー「LEXUS LF-SA」を出展しました。市販化されれば“レクサス最小級SUV”となりそうなLF-SAに対し、SNSなどで注目の声が集まっています。

街乗りで使ってみたい「小さな高級車」!

 2015年に開催されたスイス「ジュネーブモーターショー2015」で、レクサスはコンセプトカー「LEXUS LF-SA」を出展しました。全長3.4m級の超小型サイズですが、4人乗りだといいます。
 
 街乗りにも最適そうな小型レクサスが「気になる!」と、SNSなどでは反響が集まっているようです。

個性強め! 小さいながらも存在感あるレクサスのコンセプトカー「LF-SA」
個性強め! 小さいながらも存在感あるレクサスのコンセプトカー「LF-SA」

 LF-SAは、フランス・ニースに拠点を持つトヨタのデザインセンター「ED2」が企画からモデル製作まで一貫して実施したコンセプトモデルです。

 レクサスでは「日常生活で最新技術による自動化が進む中でも、ドライバー自らが運転する歓びを表現したデザインスタディモデル」だと説明。

 車名も「Lexus Future Small Adventurer(未来の小さな冒険者)」を意味するといいます。

 都市での使用を想定したボディは、全長3450mm×全幅1700mm×全高1430mm。トヨタのコンパクトカー「パッソ」(全長3650mm)よりも小型で、狭いところでも取り回しが良さそうです。

 しかしただのコンパクトカーではなく、外観はSUVを思わせる複雑な造形がレクサスファミリーらしいところで、細部に渡りメリハリが効いていることから、小さいながらも強い存在感があります。

 内装はドライバー重視にレイアウト。運転席を固定しステアリングやペダルを可動式とすることで、広々した運転空間を確保したといいます。

 対する助手席シートはスライド可動式で、後席へのアクセスも可能としています。

 なおLF-SAの乗車定員は4人。レクサスでは「今まで踏み込まなかった領域となる2+2シーターのウルトラコンパクトクラスで、究極のラグジュアリーを具現化した」とLF-SAを紹介しており、後席はあくまでも+2の補助席的な位置づけのようです。

 SNSなどでは「こういう小さい高級車を待っていた」「東京都心って意外と道狭いからイイね」「けっこう売れそう」など、市販化に期待する声が見られます。

 また「お金持ちの奥様用って感じ」「ガレージにレクサスが並ぶ大きなおうちにもう1台」など、高級車オーナーのセカンドカー需要としても見込みがあるのでは、と予想している人もいました。

 コンセプトカー出展から8年が経過しましたが、このLF-SAに関し、レクサスから市販化に向けた動きなどをみることはできません。

 ただし今後、都市向けの超小型サイズのBEV(電気自動車)のニーズが高まったときに、LF-SAのようなプレミアム感あるコンパクトSUVのコンセプトに、再びチャンスが訪れるかもしれません。

 引き続き、見るものを驚かせるようなレクサスのコンセプトカーや市販モデルの登場を大いに期待したいところです。

レクサス・CT のカタログ情報を見る

【画像】超小型SUV「アリかも!」 LEXUS「LF-SA」を写真で見る(82枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー