トヨタ新型「高級SUV」が凄すぎる! スタイリッシュな「イケ顔デザイン」採用! スタイル豊富な「ハリアー」の現在は?

元祖「高級SUV」としても知られるトヨタ「ハリアー」。現在は4代目となっており、直近では2022年9月に一部改良が行われたことでガソリン、ハイブリッド、プラグインハイブリッドと豊富なスタイルを展開します。一方で同じく高級SUVとして新型「クラウンスポーツ」の登場が控えますが、ハリアーの販売動向は現在どうなっているのでしょうか。

元祖高級SUV! トヨタが誇る「ハリアー」の現在はいかに

 トヨタ「ハリアー」といえば、人気の高級SUVとして幅広い層からの人気を博しています。
 
 現在は4代目となっており、直近では2022年9月に一部改良が行われたことでガソリン、ハイブリッド、プラグインハイブリッドと豊富なスタイルを展開します。それでは、現在の販売動向はどうなっているのでしょうか。

トヨタの元祖高級SUV! 「ハリアー」の現在はどうなのか?
トヨタの元祖高級SUV! 「ハリアー」の現在はどうなのか?

 ハリアーは、高い走行性能と豪華な装備が特徴で、国内だけでなく世界中で高い需要があります。

 初代モデルは1997年に発売され、2020年からは現行となる4代目が販売されていおり、見た目は従来モデルに比べてサイズアップがされていますが、全高は低く設定されました。

 様々な種類が存在するSUVの中でもより都会派なデザインであり、静寂性の高いラグジュアリーな乗り心地を楽しめるクルマに仕上がっています。

 4代目は、2020年6月17日に発売され、直近では2022年9月に一部改良がおこなわれました。

 一部改良による変更点は、安全装備の強化や、新しいデザインのディスプレイオーディオが採用されるなどがありましたが、PHEVが追加されたことが大きなポイントとなっています。

 そんなハリアーの一部改良から約8か月が経過しましたが、現在の販売状況はどうなのでしょうか。関東圏内のトヨタ販売店担当者は次のように話します。

「2022年9月の発表から現在まで、一貫して売れ行きは好調です。

 特に最上級グレードのZグレードを中心にかなりのオーダーがありました。ただ現在、Zグレードは受注を停止しています」

 ハリアーのグレード展開において、「G」グレードでもオプションによって、ホイール以外はZグレードとほぼ同じ装備をすることが可能です。

 しかし、Gグレードに装備した場合、結果としてZグレードの価格と同程度の金額となります。そのため、最初からZグレードを購入する人が多いことが予想されます。

 また、関西圏のトヨタ販売店担当者は次のように話します。

「ハリアーのような人気車種は一貫してリセールバリューが高いです。

 そのため、納車まで時間がかかったとしてもそれを待って買うといったお客様が多いです」

 ハリアーは、中古車市場のなかでも比較的高価に取引されます。そのため、新車を高額で購入してもあまり価格を落とさずに売却できるといった傾向にあるようです。

 加えて、Zグレードであれば、売却の査定時にシートの素材など、加点されるポイントも多いため当然ベースグレードより高くなります。

 そのため、新車の価格が多少値を張っても上級のグレードの車種を買う人が多いようです。

※ ※ ※

 そんな人気を誇るハリアーの納期に関して前出とは別のトヨタ販売店の担当者は、次のように話します。

「ガソリン車、ハイブリッド車ともに2024年2月頃になります。しかし、これは『S』と『G』のグレードの納期になり、『Z』グレードは受注停止しています。

 また、Gグレードの『レザーパッケージ』のモデルも現在は受注を停止しています。PHEVの場合は、2023年10月頃に納車が可能です」

【画像】どちらも…イケメンSUV! ハリアー&クラウンスポーツのデザインを写真で比較して見る!(61枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント