「ジムニー」&「ハイエース」専用の「斬新ルーフラック」登場! ルーフテントやオーニング搭載した「アウトドア最強」アイテム

様々な機能を持つルーフラックの新商品として、スズキ「ジムニー」専用モデルと、トヨタ「ハイエース」などに最適なワイドモデルが発表され、先行予約を開始しました。

待望の「ジムニー」専用モデル登場!「ハイエース」に最適なワイドモデルも

 ルーフテントやサイドオーニング、さらにラダーを格納した画期的なルーフラック「タイニーハイドアウト」を販売するFULLFUNZは2023年4月20日、スズキ「ジムニー」に特化した専用モデルと、トヨタ「ハイエース」や軽バンなどに最適なワイドモデルの2つの新商品を発表し、先行予約の受付を開始しました。

ルーフテントやサイドオーニング、さらにラダーを格納したルーフラック「タイニーハイドアウト」
ルーフテントやサイドオーニング、さらにラダーを格納したルーフラック「タイニーハイドアウト」

 タイニーハイドアウトの最大の魅力は、「1つで4つの機能を持つ」画期的なところです。

 通常のルーフラックは積載する機能しか備えておらず、目的によって別途アイテムを積載する必要がありますが、タイニーハイドアウトであれば「積載+ルーフテント+サイドオーニング+ラダー」という、アウトドアで活躍する4つの機能を最初から搭載しており、とくにサイドオーニングをラック内に搭載した商品は、日本国内では初めてだとFULLFUNZは説明しています。

 タイニーハイドアウトを使用すれば、アウトドアやキャンプに出かける都度テントやタープをクルマに積載する必要がなくなり、より気軽に車中泊やキャンプへ出かけられるようになります。

 また、テントやオーニングの展開方法もワンタッチで展開できる構造としたことで、キャンプサイトに着いたらすぐに設営することが可能。撤収も容易なため、初心者や力の弱い女性でも手軽に使用できる安心な設計を施しました。

 さらに収納時には通常のルーフラック同様の高い積載力を誇るうえデザインもシンプルなので、キャンプや車中泊シーンのみならず街中の景色にもスタイリッシュに溶け込みます。

 今回発表された新商品、ジムニー(JB64W/JB74W)専用モデルのラックサイズは、長さ196cm×幅120cm×高さ13.5cm(すべてのアイテムを収納時)。テントのサイズは長さ180cm×幅100cm、サイドオーニングのサイズは長さ196cm×奥行240cmで、総重量は35kgです。

 また、ハイエースや軽バン用となるワイドモデルのラックサイズは、長さ208cm×幅130cm×高さ13.5cm(すべてのアイテムを収納時)。テントのサイズは長さ195cm×幅110cm、サイドオーニングのサイズは長さ208cm×奥行240cmで、総重量は39kgです。

※ ※ ※

 タイニーハイドアウトの定価は、ジムニー専用モデルが19万5800円、ワイドモデルが21万7800円です(ともに消費税込)。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

【画像】「ジムニー」をアウトドア最強に! 機能満載の「ルーフラック」を画像で見る(64枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー