VWが新型「ID.2all」コンセプトを世界初公開! 見た目「ほぼゴルフ」な新型BEV 2025年に欧州で発売

フォルクスワーゲンは2023年3月15日、2025年より市販化を予定する新型BEV(電気自動車)「ID.2all」のコンセプトモデルを世界初公開しました。同社を代表する「ゴルフ」を思わせるスタイリングが印象的です。

市販価格の目標は350万円台から!

 ドイツ・フォルクスワーゲン(以下、VW)は2023年3月15日(現地時間)、BEV(電気自動車)新型車「ID.2all」のコンセプトモデルを世界初公開しました。
 
 VWによると、2025年に欧州でID.2allの市販モデル発売を目指し、販売価格は2万5000ユーロ(約352万円)以下からスタートしたいとしています。

近未来の「ゴルフ」!? フォルクスワーゲン 新型BEV(電気自動車)「ID.2all」コンセプトモデル[2025年市販予定]
近未来の「ゴルフ」!? フォルクスワーゲン 新型BEV(電気自動車)「ID.2all」コンセプトモデル[2025年市販予定]

 ID.2allに搭載されるのは、VWのEV専用のモジュラープラットフォーム「MEB エントリープラットフォーム」の強化仕様。駆動、バッテリー、充電をさらに効率化したといいます。

 また、これまでのID.シリーズでは後輪駆動ベースだったところ、新型ID.2allは初めて前輪駆動(FF)レイアウトを採用。

 このためボディ後部の荷室スペースには、490リットルから最大1330リットルの収納スペースを確保しています。

 搭載されるモーターの出力は226ps(166kW)。時速0キロから100キロの加速は7秒と高性能なもので、目標航続距離は最大450km(WLTPモード)です。

 ボディサイズは全長4050mm×全幅1812mm×全高1530mm、ホイールベース2600mm。

 外観も特徴的で、VWの主力モデルである「ゴルフ」を思わせるデザインを採用しました。

 なかでも、力強い形状のCピラー(リアドア後ろの屋根を支える柱部分)形状は、1974年の初代デビュー以来現行型の8代目モデルに至るまで継承し続けたVWの象徴的なアイコンで、これをBEVのID.シリーズで初めて受け継ぎました。

 インテリアはシンプルな形状が特徴で、十分な広さを確保したうえで質感も向上させています。

 ダイヤルを用いたボリュームコントロールを備えたインフォテインメントシステムや、独立したエアコンユニットも印象的です。

 VWのトーマス・シェーファーCEOは、新型ID.2allの世界初公開に際し、次のように話します。

「ID.2allは、VWブランドが今後目指すところを示しています。

 私たちはお客様に寄り添い、最高のテクノロジーと素晴らしいデザインを組み合わせて提供したいと考えています。

 私たちは、電動モビリティを大衆にもたらすために変革を迅速に実施しています」

※ ※ ※

 なおVWでは新型ID.2allを含め、2026年までに大小様々な10の新型BEVを発売予定だとしています。

フォルクスワーゲン・ゴルフ のカタログ情報を見る

【画像】「ほぼゴルフ!?」 2025年発売予定のVW 新型「ID.2all」の内外装を写真で見る(26枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー