もはや「ここに住みたい」レベル!? 「オシャ」すぎる「車中泊仕様」ハイエース! 「SEDONA」新シリーズ「SUNRISE」2月3日に日本初公開

キャンピングカーなどを架装・販売するワークヴォックス(京都府)は、「ジャパンキャンピングカーショー2023」で「SEDONA(セドナ)」シリーズのニューモデル「SUNRISE(サンライズ)」を初公開します。

人気の「SEDONA(セドナ)」シリーズ中もっともミニマルな新モデル

 ワークヴォックス(京都府)は、2023年2月3日から6日まで幕張メッセ(千葉県)で開催される「ジャパンキャンピングカーショー2023」で、トヨタ「ハイエース」をベースにした同社のオリジナルカスタムカー「SEDONA(セドナ)」シリーズに追加された「SUNRISE(サンライズ)」を初公開します。

顔も「カワイイ!」  ハイエース カスタムカー「SEDONA(セドナ)」の新シリーズ「SUNRISE(サンライズ)」。レトロなマスクはオプションで装着可能です
顔も「カワイイ!」 ハイエース カスタムカー「SEDONA(セドナ)」の新シリーズ「SUNRISE(サンライズ)」。レトロなマスクはオプションで装着可能です

 セドナシリーズは、キャンピングカー、モバイルオフィス(移動事務車両)、福祉送迎車両など、日々の暮らしや遊び、仕事など様々なシーンで活躍するクルマの架装デザイン、開発、生産を行っているワークヴォックス社が、バンライフというライフスタイルをコンセプトとして立ち上げたオリジナルブランド。

 今まで、一貫したコンセプトをもとに「type III」「type IV」「LAKESIDE(レイクサイド)」の3モデルを販売中ですが、サンライズは2023年より発売を開始したニューモデルで、天然木をふんだんに使用したオシャレな内装を特徴とするバンです。

 サンライズは、セドナシリーズのなかでも人気の高いレイクサイド(乗車定員3名)のデザインコンセプトと、type III(乗車定員6名)の使い勝手を融合したモデル。

 ベースモデルは、全長4695mm×全幅1695mm×全高1980mmの4ナンバー標準ボディ 標準ルーフをもつハイエースのベーシックな「DX ロングバン」で、2WDガソリンと2WDガソリン、4WDディーゼルから選択可能となっています。

 他のセドナシリーズ同様に、サンライズは天井一面に本物の無垢材(オリジナルパイン)を使用したオシャレなインテリアの雰囲気が大きな特徴です。

 アイアン材と白基調の落ち着いたデザインのオリジナル家具には、電源設備付きミニテーブルが設置され、スマートフォンやタブレットを立て置きしたり、好みのデコレーションや飾りつけで楽しむことができる仕様で、ちょっとした小物が入る扉付き収納スペースも用意しています。

 シンクや水タンクなどは備えておらず、セドナシリーズのなかではもっともミニマルに仕上げたモデルです。

 前後に展開できるスライド機構付きのバタフライシートを2列目席に備えることで、乗車定員は6名となります。

 車内空間を最大限活用したベッドが誕生するほか、対面で座れるダイネットモード、最大の積載量を確保するトランスポートモードなどの多彩なアレンジもできます。

 ベッドサイズは長さ2700mm×幅1200mmで、大人2名の就寝が可能です。

 セドナ サンライズの販売価格は、消費税込みで472万6700円(ガソリン・2WD)からで、制振・断熱施工、サブバッテリーシステムやルーフラック、丸目ライトのクラシックなフロントマスクなど、豊富な架装オプションも用意します。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】「天然木のオシャ内装に圧巻!」 「SEDONA」新モデルを写真で見る(11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー