車内が“レトロな喫茶店”!? なぜ中古車の日産「キューブ」をドレスアップ? エモさ全開カスタムの正体は?

日産は中古車で販売されていた「キューブ」をカスタマイズしたコンセプトカーを東京オートサロン2023に出展しました。カスタムベースに中古キューブが選ばれたのはなぜなのでしょうか。

非対称と楕円のモチーフでキューブらしさ表現!

 東京オートサロン2023(2023年1月13日から15日に開催)で日産は、コンパクトカー「キューブ」のコンセプトカーを展示しました。
 
 2019年に生産終了したキューブは現時点では新車で購入することはできません。今回展示された「キューブ リフレッシュ&レトロ コンセプト」は中古車として販売されていた車両を購入してカスタムしているのですが、どのような理由でキューブが選ばれたのでしょうか。

中古のキューブがレトロに一新!
中古のキューブがレトロに一新!

 日産のスタッフによると、同社は中古車の魅力向上に取り組もうとしており、いまでも中古車市場で人気の高いキューブをカスタムベースに選択。

 キューブは若い世代に支持されていたモデルということで、そういった人たちに興味を持ってもらえるように、今ブームとなっている「レトロ」をキーワードにカスタムしたといいます。

 外観のカスタムのテーマは「レトロな路面電車」。2トーンカラーで上下を分けることで昔ながらの路面電車をイメージしました。

 さらに、リアが左右非対称のデザインになっているというキューブらしい特徴を取り入れ、フロントは、もともと中央に配される「NISSAN」マークをあえて右側にずらすという遊び心あるデザインになっています。

 また、キューブの特徴となる、楕円を十字に配したホイールカバーの柄をモチーフに、ボディのデカールなどを装着しました。

 加えて、屋根にルーフカーゴを搭載。カタカナの「キューブ」の文字もどこか懐かしく、オシャレな雰囲気もまとっています。

 インテリアは「レトロな喫茶店」を再現。喫茶店をイメージした深紅のシートカバーは補修用に使われている生地を使いました。外観同様に、後席の窓にも楕円のモチーフが採用されているのですが、これはレトロな喫茶店にありそうな装飾をイメージしているそうです。

 中古で販売されていた状態では傷みや汚れなどがあったといい、ステアリングやワイパーアームなどは新品の部品にリフレッシュされ、新品同様のエモいキューブに生まれ変わりました。

 キューブ リフレッシュ&レトロ コンセプトは愛車に長く乗ってもらうことをテーマにカスタマイズされたといいますが、実際に中古車をリフレッシュするカスタマイズがユーザーに受け入れられるかは未知数とのこと。反響次第では中古車リフレッシュの商品化が検討されるかもしれません。

日産・キューブ のカタログ情報を見る

【画像】レトロカスタムの「キューブ」がエモさ炸裂! 喫茶店チックな内装を見る(23枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー