存在感スゴイ… トヨタ「ギョロ目ハイエース」実車展示!? 丸目2灯&強烈赤ボディに注目集まる!? 特徴は

2023年1月13日から3日間にかけて開催された「東京オートサロン2023」で、TSD stylingの「Krhyme」に注目が集まっている。どのような特徴なのでしょうか。

ハイエースのアメリカンスタイルがかわいい!

「これはクルマ?」「可愛すぎる」というような声が聞こえてきそうなトヨタ「ハイエース」が東京オートサロン2023に展示されていました。
 
 どのような特徴があるのでしょうか。

なんじゃこりゃ!? 丸目&赤ボディの謎ハイエース! ダッジ A100フェイスがすごかった!
なんじゃこりゃ!? 丸目&赤ボディの謎ハイエース! ダッジ A100フェイスがすごかった!

 2023年1月13日から3日間にかけて開催された東京オートサロン2023では、さまざまな個性的なクルマが出展されていました。

 そのなかでTSD stylingは、ハイエースをメインに新車のコンプリートカーやカスタムカーの販売などをおこなっています。

 ハイエースをはじめとした軽のカスタムを中心に、車両の購入と同時にドレスアップやキャンパーなどさまざまなカスタムをオーダーすることを可能にしています。

 今回の東京オートサロン2023では、いくつの展示車のなかでも注目を集めているのは「Krhyme(クライム)」です。

 Krhymeは、「ダッジA100」風をハイエースで味わえるカスタムとなり、バンパーレスのルックスが特徴となっています。

 外装は赤色が印象的なソウルクリスタルメタリックとハイドロシステムでほかとは被らないアメリカンスタイルな仕上げが特徴的です。

 外装のエアロキットは「ダッジ A100 フェイススワップキット」を採用しています。

 ボンネットやフェイスバンパー、ライトリング、リアゲートカバーやテールランプカバーが大きく変更しているほか、ポト窓キットや25mmオーバーフェンダーが使用されています。

 足回りでは、T-STYLEのホイール(T4GD-3)、インペリアル製のタイヤ(205/45R17)、さらにオリジナルブレーキキャリパーカバーを装着。

 サスペンションはボディ加工を施して「TRINTY ハイドロハイドロリクス 4リンク」を採用しているようです。

 一方で内装はTSDstylingオリジナルとなっており、車中泊やアウトドアでも楽しむことができる仕様です。

 シートにはボルドー色のアンティークレザーシートカバー、ステアリングにはナルディウッドステアリングが採用されています。

 オーディオは「フォーカルスピーカー」をアウター化しており、「キッカーウーハー」が取り付けられているほか、「カロッツェリア8インチカーナビゲーション」が搭載されています。

 そのほか、ベッドキットやセカンドカウンターテーブルも装備されているため、車中泊やアウトドアにもうってつけとなっています。

 また搭載されるのは純正の2リッターエンジン(1TR)ですが、排気系に中間TSDサイレンサーや玄武キャタライザー、ワンオフマフラーを採用しています。

※ ※ ※

 東京オートサロン2023のTSD stylingブースでは、Krhyme以外にもジムニー顔のエブリイ「ジムリィ」やトヨタ「ハイエース」をアメリカンスタイルに仕上げた「CHERRY GANG」など、オリジナリティあふれるさまざまなクルマが出展されました。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】なんですかこれは…! トヨタ「ハイエース」には見えない… 存在感ある実車を見る!(16枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント