ホンダの人気スポーツモデル「シビック タイプR」が受注停止! 発売わずか4ヶ月で何があった?

ホンダはスポーツモデル「シビック タイプR」の受注を一時停止することを発表しました。一体何があったのでしょうか。

昨年発売したばかりなのに受注停止!?

 ホンダは2023年1月19日、同社が販売するスポーツモデル「シビック タイプR」に関するアナウンスを公式サイト上に掲載しました。

 その内容は「ご注文一時停止に関するお詫び」というものですが、いったいどのような状況なのでしょうか。

ホンダ新型「シビック タイプR」
ホンダ新型「シビック タイプR」

 2022年9月に発売された現行シビック タイプRは、スポーツモデルの本質的価値である「速さ」と官能に響く「ドライビングプレジャー」を両立した究極のピュアスポーツを目指して開発。ホンダ独自のVTECターボエンジンをより磨きあげることで、優れた走行性能とともに運転に没頭できる痛快なドライビングフィールを追求したクルマです。

 外観は車体各所に装備されたエアロパーツやリアスポイラーなどで空力性能を高めながらも、キャビンからリアまでスムーズに流れるようなボディ形状としたことで、ロー&ワイドを強調した迫力のあるデザインに仕上げられています。

 内装は、乗り込む際の高揚感と運転に集中できる空間を赤と黒のハイコントラストな内装色を用いて表現。赤いシートとフロアカーペットも気持ちの高ぶりを演出します。

【画像】新型「シビック タイプR」は“白”以外もカッコいい! 「ブラック」と「グレー」のボディーカラーを見る

 エンジンは先代モデルにも搭載されていた直列4気筒の2.0リッターVTECターボエンジンをベースに、ターボチャージャーなどを刷新することで歴代タイプR最強となる最高出力330馬力を発揮。これに6速MTのトランスミッションを組み合わせて前輪を駆動します。

 発売からわずか4か月で注文が一時停止された理由について、ホンダ公式サイトには「新型コロナウィルス感染拡大の影響」や「慢性的な半導体不足と不安定な部品入荷」によってシビック タイプRの生産見通しが立てづらい状況になっていることが掲載されており、現時点で工場出荷時期の目処は1年以上先だといいます。

 そのため、既に注文済みのユーザーへ確実に車両を届けるためにも一時的に注文受付を停止するということです。

 なお、注文の再開については今後の生産状況を踏まえて改めて案内をおこなうということで、シビック タイプRが欲しい場合はホンダからの続報を待つ必要がありそうです。

ホンダ・シビックタイプR のカタログ情報を見る

【画像】ちょいワルでカッコいい…! 闇夜に妖しく光る最強の「シビック タイプR」を見る(45枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント