「セルシオトラック」降臨! まさかの「高級車」×「トラック」!? 衝撃の組み合わせに来場者の反響は?

東京オートサロン2023会場で、高級車「セルシオ」の後部に荷台を設けたトラックが出展され注目を集めていました。来場者などからの反響はどうだったのでしょうか。

自動車業界への就職を目指す若者が創り出した「セルシオトラック」

 2023年1月13日から15日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された「東京オートサロン2023」で、群馬自動車大学校はトヨタの高級車「セルシオ」の顔を持つオリジナルのピックアップトラックを出展しました。
 
 高級車とトラックという意外な組み合わせに対し、来場者などから大いに注目を集めているようです。

インパクト大な高級顔の「セルシオトラック」、実は中身は日産「シーマ」だった!? 群馬自動車大学校が製作し「東京オートサロン2023」に出展したオリジナルカスタムカー「GAUS CF-16」
インパクト大な高級顔の「セルシオトラック」、実は中身は日産「シーマ」だった!? 群馬自動車大学校が製作し「東京オートサロン2023」に出展したオリジナルカスタムカー「GAUS CF-16」

 セルシオトラックを出展した群馬県伊勢崎市の群馬自動車大学校(GAUS)は、主に自動車整備などを目指す人のための専門学校です。

 4年制の一級自動車整備科や、2年制の二級自動車整備科、3年制の国際メカニック科、自動車車体整備科など様々な学部があるなか、オリジナルデザインによるクルマ製作を学ぶカスタマイズ科(4年制)の生徒たちが中心となって、東京オートサロンへの出展をおこなっています。

 セルシオトラックの正式名は、校名を冠した「GAUS CF-16」。

 実はベース車両はセルシオではなく、日産の高級車「シーマ」の4代目(F50型)を改造したものです。

 製作を担当した群馬自動車大学校(GAUS)の学生は、次のように話します。

「自分たちが生まれた時代のクルマをベースに、ただシーマのトラックを造るのではなく、同年代の代表的な高級車として3代目セルシオ(UCF30系)前期型のマスクを移植しました。

 製作は、8人斑が前後に分かれて担当しています。

 フロント部はシーマの骨格そのままではセルシオの顔がつかず、フェンダーも合わないので、ひずみをとりながら溶接で成形したり、長さが足らない部分をFRPで造ったりしています。

 後部は、タイヤハウスから後ろのボディを延長した部分はフレームから手造りしていて、鉄骨や鉄板を組み合わせ完成させました」

 SNS上では、セルシオトラックGAUS CF-16についての様々な反響がみられます。

「意外性があって驚いた」

「こういうの見ると良い意味で『オートサロンだな』って思う」

「セルシオトラックだー! と内装みて『え、シーマ??』と脳内バグった」

 新鮮な発想に驚くと同時に、見れば見るほど凝った造りに対し感心する声もあるようです。

※ ※ ※

 来場者からの反響について、群馬自動車大学校の学生は次のように話します。

「来場者から口々に『すごい』と好意的な反応をもらい、喜んでいます」

 一方で東京オートサロン2023会場に出展するほかの学生作品も気になるといいます。

「今回、姉妹校の東京自動車学校も日産のセダン車『クルー』をベースにしたピックアップトラックを出展しています。

 またNATS(日本自動車大学校)も、アルファードをトラックに改造したモデルを出展していると聞いています。

 高級車をトラックにする発想が偶然かぶったのですが、どんな仕上がりか見学しに行くのを楽しみにしています」

 強いライバル意識とともに、同じ学生同士という共通性からか、不思議な一体感も得ているようです。

【画像】しかも中身は「シーマ」だった!? 衝撃の「セルシオトラック」を写真で見る(15枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント