ちょっと長~い新型「ジムニー5ドア」ついに実車公開! 小型車やEVも!? スズキの新型SUVがインドで続々登場!

スズキはインドで開催された「Auto Expo 2023」で、新型SUVとして「ジムニー5ドア」「フロンクス」「eVX」の3台を世界初公開しました。

待望の新型ジムニー5ドアが出た!

 スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディア社は、2023年1月11日からインド・デリー近郊で開催された「Auto Expo 2023」で3台のSUVを世界初公開しました。
 
 スズキ車の人気が高いとされているインドにおいて、一体どのような新型SUVがデビューしたのでしょうか。
 
●ジムニー5ドア
 
 日本においても大注目になっているのが「ジムニー5ドア」です。従来モデルは、軽自動車の「ジムニー」も登録車の「ジムニーシエラ」も3ドア仕様ですが、ジムニー5ドアはその名の通り5ドア仕様という点が最大の特徴。そしてこのジムニー5ドアが、4代目ジムニーとして初めてインド国内で発売されます。

インドで世界初公開されたスズキ新型「ジムニー5ドア」
インドで世界初公開されたスズキ新型「ジムニー5ドア」

 リアドアを新たに設けたジムニー5ドアの後席は、専用のリアシートや内装を採用。ボディサイズは全長3985mm×全幅1645mm×全高1720mmと、3ドア仕様に対して全長が435mm、ホイールベースが340mm長く、後席の足元空間や荷室が広くなりました。

 なお、全幅1645mmは3ドア仕様と同じで、後席が2名乗りという点は変わっていません。

 インド仕様のジムニー5ドアに搭載されるエンジンは1.5リッターガソリン、トランスミッションは5速MTと4速ATが用意されます。

●フロンクス

 新型フロンクスはクーペフォルムを特徴とする小型SUVで、ボディサイズは全長3995mm×全幅1765mm×全高1550mm、ホイールベース2520mmというコンパクトなサイズとなっています。

 外観のデザインは、迫力のあるフロントグリルと、横への張り出しを強調したフロントおよびリアスタイルを実現。SUVの力強さや存在感を表現しました。リアに向かって傾斜するクーペスタイルも特徴的で、全長4m以下というコンパクトなサイズでありながら流麗なスタイリングを実現しました。

 室内は上質感のある内装に加え、スペースを有効活用した空間設計を実施。全方位モニターやヘッドアップディスプレイ、ワイヤレスチャージャー、後席座席のエアコン吹き出し口といった快適装備も備えます。

 パワートレインは、1リッター直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせたものと、アイドリングストップ機構付きの1.2リッター自然吸気エンジンを設定。トランスミッションは5速MTに加え、1リッターターボモデルは6速AT、1.2リッターモデルはAGS(オートギアシフト)が用意されます。

●eVX

 スズキのEV世界戦略車第一弾となる新型eVXは、2025年までに市販化されることが計画されている新型SUVです。

 外観デザインは、本格四駆の力強さと最新EVの先進性を融合しながら、ひと目でスズキのSUVとわかるデザインとしました。

 ボディサイズは全長4300mm×全幅1800mm×全高1600mmと、Auto Expo 2023で公開された新型SUVのなかでもっとも大きなボディを持っています。

 電池容量60kWhのバッテリーを採用し、航続距離は550km(インドMIDCモード測定値)となる予定。また、スズキの四輪駆動テクノロジーをさらに進化させ、本格的な走行性能を目指しているといいます。

※ ※ ※

 ジムニー5ドアとフロンクスは、2023年度よりインド国内で順次発売される予定となっているほか、アフリカや中南米などに輸出されることが明らかにされています。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ジムニーシエラ のカタログ情報を見る

【画像】ロングな新型「ジムニー5ドア」世界初公開! 黄色や赤など派手カラーがヤバい!(37枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント