角目4灯のレトロ顔「ハイエース」!? “西海岸”感マシマシの新型「Carica(カリカ)」登場! 車中泊オプションも設定アリな“オシャ車”とは

2023年1月13日から1月15日まで、幕張メッセで開催された「東京オートサロン2023」でアルパインニューズは、同社のNEWカスタマイズカー「Carica(カリカ)」を展示しました。

レトロ顔のハイエース新型「Carica(カリカ)」登場

 2023年1月13日から1月15日まで、幕張メッセで開催された「東京オートサロン2023」では、新車などをベースとして、クラシカルなデザインに変身させるカスタムカーが数多く展示されていました。

 そんななかアルパインニューズからは、トヨタ「ハイエース」をクラシカルな印象に変えた「Carica(カリカ)」を展示しました。

【画像】トヨタ「ハイエース」がレトロなオシャ車に大変身! 新型「Carica(カリカ)」の画像を見る(50枚)

こんなオシャなハイエース見たこと無い! アルパインニューズ新型「Carica(カリカ)」
こんなオシャなハイエース見たこと無い! アルパインニューズ新型「Carica(カリカ)」

 カスタマイズカーの規格・開発・販売をおこなうアルパインニューズは、2023年1月11日に、オリジナルデザインのNEWカスタマイズカーCaricaと「Havana(ハバナ)」を発表しました。

 そのうちCaricaは、トヨタのバン「ハイエース」をクラシカルな印象に変えたコンプリートカーです。

 Caricaの由来は、「California dreaming car(カリフォルニア ドリーミング カー)」。同社はこのクルマについて「自由に生きること、青い空と海と共生することを夢見て若者たちが集まるCalifornia Beachの世界観をイメージした」としています。

 そのエクステリアは、角型横4灯ヘッドライトに象徴される個性際立つデザインとオリジナルのボディカラーで、一見するとハイエースとは判別できないほど、クラシカルでおしゃれな雰囲気を演出しています。

 Caricaには、メッキパーツが多用されたアメリカンスタイルの「US style」と、一部樹脂パーツを用いて80年代から90年代にかけての欧州車テイストを思わせる「EURO style」の2種類がラインアップされます。

 搭載されるカーエレクトロニクスでは、アルパイン製の大画面ナビやディスプレイオーディオ、前方後方のドライブレコーダー機能付きデジタルインナーミラーなどをオプションで用意。

 さらに、アクティブにレジャーやアウトドアカーライフスタイルを存分に楽しむオーナー向けに、車中泊ベットキット「+STAY」と拡張型テント「+STAY-EX」もオプション設定しており、車中泊など、アウトドアを楽しめる装備を用意しています。

 Caricaは、1月より全国のアルパインスタイルで先行商談を受付けており、価格はまだ確定していませんが500万円弱〜600万円弱に設定される予定。正式な決定は3月頃、発売は4月頃となるようです。

 また、Caricaの生産は年間100台を計画しており、その数は少量にとどまるため、近年のトレンドを考慮すると争奪戦となるかもしれません。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】トヨタ「ハイエース」がレトロなオシャ車に大変身! 新型「Carica(カリカ)」の画像を見る(50枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 特別仕様車“ダークプライム II”[写真は2018年8月モデル追加時のモデル/最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車)[2022年4月一部改良モデル]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL(標準ボディ・2WD ディーゼル車) 内装・インパネまわり[写真は2020年一部改良時のモデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シート[写真は2017年11月一部改良モデルで最新モデルとは細部が異なります]
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ
トヨタ ハイエースバン スーパーGL 後席シートアレンジ

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント