スバル「レヴォーグ」の走りを「アップデート」! 電制ダンパーの制御を書き換えるサービスを提供開始

SUBARUは2023年1月13日、ステーションワゴン「レヴォーグ」の一部グレードを対象とした電子制御ダンパー制御プログラムのアップデートサービスを発表しました。どのようなサービスなのでしょうか。

「レヴォーグ」の走りを高める「ダンパープログラム」のアップデートを提供

 SUBARU(スバル)は2023年1月13日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2023」にて、「レヴォーグ」の一部グレードを対象とした電子制御ダンパー制御プログラムのアップデートサービス「SUBARU Active Damper e-Tune」を発表しました。
 

スバル「レヴォーグ」の走りをアップデートするサービス開始
スバル「レヴォーグ」の走りをアップデートするサービス開始

 今回スバルが発表した「SUBARU Active Damper e-Tune」は、2020年発売の2代目レヴォーグに設定されている、電子制御ダンパーのプログラムをアップデートするものだとしています。

 2代目レヴォーグのスポーツグレード「STI Sport」「STI Sport EX」「STI Sport R」「STI Sport R EX」では、スイッチ操作で走行特性の切り替えが可能な「ドライブモードセレクト」機能を装備。電子制御ダンパーの減衰力やエンジンの出力特性、ステアリング制御、アクセル応答性などを5つのモードから選択することが可能です。

 SUBARU Active Damper e-Tuneにより、ダンパーの制御プログラムをアップデートすることで、「Confort」ではさらにゆったりとした乗り心地になり、「Sport+」では操縦安定性を高めたスポーティな走りを実現するとうたっています。

 SUBARU Active Damper e-Tuneは2023年春の発売を見込んでおり、価格は4万円(工賃込/税抜)で販売店装着オプションとして用意される予定です。

※ ※ ※

 スバルは同社のモータースポーツ統合会社スバルテクニカインターナショナルとともに、2023年1月13日から3日間開催される「東京オートサロン」に出展しています。

 ブースでは、初公開となる新型「インプレッサ」(日本仕様車)プロトタイプをベースとしたSTIパーツ装着車、「レヴォーグ STI Sport R EX」をベースとした特別仕様車「レヴォーグSTI Sport#(シャープ)」プロトタイプを発表しました。

 また、モータースポーツ参戦車の「SUBARU BRZ GT300 2022」、「SUBARU WRX NBR CHALLENGE 2023」、「SUBARU WRX RALLY CHALLENGE 2023」の展示もおこなわれます。

スバル・レヴォーグ のカタログ情報を見る

【画像】500台限定の「最強レヴォーグ」がスゴい! オートサロンで展示された「レヴォーグ」STI特別仕様車を見る(19枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント