2023年も「コペン」で戦う! ダイハツがモータースポーツ参戦計画を発表

ダイハツが2023年のモータースポーツ参戦計画およびその体制を発表しました。

2023年も「コペン」がレースシーンを熱くする!

 ダイハツは2023年1月13日、2023年のD-SPORT Racing Teamによるモータースポーツ参戦計画を明らかにしました。「世界ラリー選手権(WRC)RALLY JAPAN」クラス2連覇への挑戦のほか、「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ」「全日本ラリー選手権」などへ参戦するとのことで、「モータースポーツを起点としたモノづくり・コトづくり」の一環といいます。

D-SPORT Racing Teamの2023年参戦マシンは引き続き「コペン」!
D-SPORT Racing Teamの2023年参戦マシンは引き続き「コペン」!

 発表によると、チームオーナーはSPK株式会社(大阪市)の沖 恭一郎氏、代表はダイハツの井出慶太氏、監督はダイハツの殿村祐一氏、ゼネラルマネージャーはSPKの柴 正雄氏が務めます。ドライバーおよびコ・ドライバーは昨年に引き続き、ダイハツの相原泰祐選手と萩野 司選手です。チームマネージャーには株式会社神菱(兵庫県小野市)の檜垣智也氏とSPKの佐藤優樹氏が就きます。

 D-SPORT Racing Teamはモータースポーツ参戦以外にも「D-SPORT & DAIHATSU Challenge Cup」などのモータースポーツイベントを開催しており、2023年はさらに充実させる予定とのことです。

 ダイハツは「これまでの挑戦で得た知見を最大限に活用し、これからもダイハツ車の楽しさ、面白さなどをエンドユーザー、マーケットへ伝え続けるべく、モータースポーツ活動を継続してまいります」としています。

ダイハツ・コペン のカタログ情報を見る

【画像】ラリー仕様「コペン」の勇姿やチームの顔ぶれをもっと見る(5枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント