専用の“羽”と黒アクセで武装! ホンダ「シビック」“ちょうどいいスポーツ”仕様が初公開

ホンダアクセスが東京オートサロン2023に、コンセプトモデル「シビック e:HEV スポーツアクセサリーコンセプト」を出展しました。

純正アクセで「シビック e:HEV」をカスタム

 2023年1月13日、ホンダ車の純正アクセサリーなどを手掛けるホンダアクセスが「シビック e:HEV」をベースとしたコンセプトモデル「シビック e:HEV スポーツアクセサリーコンセプト」を東京オートサロン(TAS)2023で初披露しました。

ホンダ「シビック e:HEV スポーツアクセサリーコンセプト」
ホンダ「シビック e:HEV スポーツアクセサリーコンセプト」

 初公開されたコンセプトモデルは、新開発の2リッター直噴4気筒エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせた「スポーツ e:HEV」を搭載するシビック e:HEVをベースに、スポーツを視覚から感性に訴えるカスタマイズを施しています。

 ホンダアクセスによると「『FEEL SPORTS』をデザインテーマに、速さを競うスポーツではなく、日々のクルマを使うシーンでスポーツを感じ、クルマの走る楽しさやワクワクを感じさせる心躍るカタチをホンダ純正アクセサリーのカスタマイズによって表現した」といいます。

 シビック e:HEV スポーツアクセサリーコンセプトは、「シビック タイプR」の刺激的なスタイリング要素を取り込みながら、“ちょうどいいスポーツ”を純正アクセサリーによるカスタマイズで表現しているといいます。

 具体的には、TAS2023仕様のフロントロアースカートやサイドロアースカートを装着したほか、足元はブラック塗装のアルミホイールで引き締めています。

 さらに、シビック タイプR用純正アクセサリーのデザインエッセンスを踏襲したテールゲートスポイラーを装着し、スポーティな雰囲気を一層高めています。

 TAS2023は、13日から15日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催。ホンダブースでは、このシビック e:HEV スポーツアクセサリーコンセプトのほか、同シリーズの「ZR-V e:HEV スポーツアクセサリーコンセプト」なども展示されています。

ホンダ・シビック のカタログ情報を見る

【写真】青×黒の専用テールゲートスポイラーを背負った 「シビック e:HEV スポーツアクセサリーコンセプト」を見る(29枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. インプレッサの羽だと派手すぎるけど
    シビックのオプションのだと地味すぎると考える人には
    ちょうど良い感じな気がする