「道路で寝ないで!」 一体どういうこと? 神奈川県警が驚きの注意喚起! まさかの理由とは

神奈川県警察の公式ツイッターではある注意喚起をおこなっています。どういった内容なのでしょうか。

「道路で寝ないで!」驚きの注意喚起とは

 クルマを運転するときはドライバーはもちろん、歩行者も交通ルールを遵守する必要があります。
 
 そんななか、神奈川県警察が公式ツイッターにある注意喚起を投稿。どういった内容なのでしょうか。

「道路で寝ないで!」驚きの理由とは 画像:神奈川県警察本部交通部交通総務課(@kpp_koutuu)
「道路で寝ないで!」驚きの理由とは 画像:神奈川県警察本部交通部交通総務課(@kpp_koutuu)

 神奈川県警察本部交通部交通総務課の公式ツイッターでは、2018年から2022年の5年のうち神奈川県内で道路に横たわっていた歩行者の交通事故による死者数(速報値)を公開。

 1月から12月までの12か月のうち、歩行者が道路で横たわっていたことで発生する死亡事故は1月が最も多い月であることを明らかにしており、1月は5人という数値となっています。

 とはいえ12月も4人という数値で、死亡事故が絶えず発生していることも確認できます。

 これについて神奈川県警のコメントでは、「亡くなった方の多くが飲酒をして道路に寝込んでいました」と説明しており、飲酒状況別の割合は71%が飲酒ありであることも分かっています。

12月、1月は忘年会や新年会など、飲酒する機会が多いことが要因のひとつといえるでしょう。

 こうしたデータを踏まえ神奈川県警は、「道路で寝ないで!」と大きく注意を呼びかけています。

※ ※ ※

 道路交通法第76条第4項では、「何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない」とした上で、第2号では「道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること」との規定があります。

 当たり前と思う人が多いかもしれませんが、道路に寝そべることは道路交通法でも明確に禁止されています。

 ドライバー側も道路で人が寝ていると想像する人は多くないでしょう。このため、とっさに道路で寝ている歩行者を避けるのは非常に困難といえます。

「道路に寝ないで」と聞くと、誰でも分かると思う人が多いかもしれませんが、今回の神奈川県警の投稿からも道路で寝ていたという人が少なからず存在していることから、クルマの運転は十分な注意が必要といえるでしょう。

 また飲酒をした状態では、普段はとらない行動もとってしまうといえるため、歩行者側も飲酒後の行動について十分に気をつける必要があるといえます。

【画像】まさかの「道路で寝てた人」そんなにいるの!? 驚くべき数値を画像で見る(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 道路に寝ている人を避けれないと言うド下手くそは、免許返納しないと駄目。認知症の自覚あるのに車乗っているのとかわらんくらい危険だぞ。
    制限速度まもってわき見運転しないだけで、普通の人は避けれる。

  2. 夜中に走っていて人を認識できない状況は、雨の日と蒸発現象くらいです。路面はライトを点けていればロービームでも見えますよ。馬鹿みたいにスピード出した無灯火じゃない限り。路上に何か大きなものが転がっていたら避けるか止まるのが普通です。
    豪雪地帯だと車道で寝てたらタイヤショベルで雪ごと路肩に埋められてしまい春まで溶けて発見されるか、排雪のロータリー除雪車によってバラバラになり、そのまま河川敷や海に捨てられるかも知れませんね。今のところそういう事案は聞きませんが、ありえなくも無いです。