「オシャ内装」なプレミアムSUV「CX-60」は「高い」!? 最高級版とベース仕様は「300万円差」あり! その違いとは

マツダの高級SUV「CX-60」は豪華な内装が特徴ですが、カラーや仕様など多彩な仕様が揃うことでも注目されます。今回は7つの内装を紹介します。

同価格で内外装が異なる2タイプを用意する新型「CX-60」

 すべてをイチから開発し、既存のSUVラインナップよりもボディサイズが大きい「ラージクラス」に参入したマツダ 新型「CX-60」。
 
 2022年9月15日より発売を開始し話題を呼んでいますが、なかでも注目されるのはそのバリエーションの豊富さにあります。
 

多彩なパワートレインとグレードラインナップを揃えたマツダの高級SUV「CX-60」は、最安値モデルと最高級モデルの価格差が300万円以上に及びます
多彩なパワートレインとグレードラインナップを揃えたマツダの高級SUV「CX-60」は、最安値モデルと最高級モデルの価格差が300万円以上に及びます

 新型CX-60は、まず3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボとモーターを搭載した48Vハイブリッド車「e-SKYACTIV-D 3.3」搭載モデル「CX-60 XD-HYBRID(以下ディーゼルハイブリッドモデル)」から先行発売されました。

 新型CX-60には、全4タイプのパワートレインが用意されています。

 ディーゼルハイブリッドモデルに加え、3.3リッターディーゼルターボ「SKYACTIV-D 3.3」搭載の「CX-60 XD(以下ディーゼルモデル)」、2.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」搭載の「CX-60 25S(以下ガソリンモデル)」、さらに、マツダ初となるプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」搭載の「CX-60 PHEV(以下PHEVモデル)」があります。

 そのなかで、もっともベーシックなのがガソリンモデルです。

 最安値なグレードが「25S Sパッケージ」で、FF:299万2000円/4WD:321万7500円(価格は消費税込み、以下同)となっています。

 対する最高級版の位置づけとなるのが、PHEVモデルです。

 最上級グレード「PHEV プレミアム モダン」(4WD)と「PHEV プレミアム スポーツ」(4WD)の2タイプは、ともに626万4500円です。

 最安値の25S Sパッケージと、最高額のPHEV プレミアム モダン/PHEV プレミアム スポーツとの価格差は、320万円以上に及びます。

 ちなみにPHEVモデルでもSパッケージ仕様の「PHEV Sパッケージ」(4WDのみ)が用意されており、価格は539万円です。

 4WD同士で比較すると、ガソリンモデルの321万7500円に対し217万円以上の差が生じます。

 厳密には細部の仕上げにも差があるものの、高価なバッテリーと高度なシステムを搭載するパワートレインの差額分がおよそ217万円相当だといえます。

 話を25S SパッケージとPHEV プレミアム モダン/PHEV プレミアム スポーツの比較に戻すと、両モデルの違いの多くは装備や内外装の仕様の差が挙げられます。

 パワートレインの差異で220万円近く違うとすれば、残りのおよそ100万円差がこの違いに相当する訳です。

 とはいえ、新型CX-60はマツダのフラッグシップモデルであるため、25S Sパッケージでも充実した基本装備を備えます。

 なかでもマツダ車随一の先進性を誇る高度運転支援機能(ADAS)は、基本的な装備を最高級版と同一とし、標準装備されない先進機能でも、メーカーオプションで選択することが可能となっています。

 大きな違いはデザイン面と紐づく部分にあります。

 外装では、25S Sパッケージが18インチホイールなのに対し、PHEV プレミアム モダン/PHEV プレミアム スポーツでは大径の20インチとなり、アルミホイールもブラックメタリック塗装が施されます。

 またフロントやサイド、リアの各ボディ下部もブラック仕上げの25S Sパッケージに対し、PHEV プレミアム モダン/PHEV プレミアム スポーツではボディ同色化されるほか、細部のメッキ仕上げなどもグレードアップされています。

 ただしこのあたりは好みも分かれる部分ともいます。ブラック化された外観のパーツでアクティブなアウトドアテイストを高められ、むしろSUVらしさが強調されるからです。

 内装は、より大きくイメージを変えます。

 25S Sパッケージの内装は、ブラックのトリムを採用したシックな印象。シート地はファブリックです。

 これに対しPHEV プレミアム モダン/PHEV プレミアム スポーツは、非常に豪華な仕上げとなります。

 ちなみに同価格の2グレードは、基本的な装備面はほぼ同一で内外装のデザインや仕上げが違い、ユーザーの好みに応じて2種類から選べる点が特徴となっています。

 まずプレミアム モダンは、ピュアホワイトの明るい内装色を基調に、通常の本革になめし加工を施し柔らかく仕上げた上質なナッパレザーをシート素材に使用。

 インパネ中央部のトリムに上質な織物素材を採用し、織物の中央には、日本の掛縫い表現をモチーフとしたステッチを、そしてセンターコンソールには、アイボリーの内装色とも相性の良い明るい天然木素材をそれぞれ配置しています。

 一方プレミアム スポーツは、ブラックとタン(黄土色)を組み合わせた対照的な内装コーディネイトです。

 タンカラーの柔らかく上質なナッパレザーと、キルティングを施したスウェードの人工高級皮革「レガーヌ」を組み合わせ、インパネ上部やセンターコンソール、ドアアームレストなどに配したブラックの素材とともに、文字通り“プレミアム スポーツ”を感じさせるコンビネーションとなっています。

 また屋根のほぼ全体がガラスルーフとなる「パノラマサンルーフ」(他グレードでは12万1000円のメーカーオプション設定)も標準装備化されているので、ホワイトやタンの明るい雰囲気をさらに際立たせ、プレミアムな気分にひたることができます。

※ ※ ※

 マツダは11月24日、新型CX-60の発売時期について、先行発売を開始したディーゼルハイブリッドモデル以外の一部仕様について、当初の予定よりも遅らせると発表しています。

 遅れの理由についてマツダでは「商品の作り込みに今しばらくお時間を頂戴することとなりました」と説明しています。

 遅れるのはディーゼルモデルとガソリンモデルで、PHEVモデルは先行して12月より販売を開始しています。

【画像】最高級版は「オシャな内装」がイイ! マツダ 新型「CX-60」を写真で見る(43枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

マツダ 新型CX-60の上級内装「プレミアムスポーツ」
マツダ 新型CX-60の上級内装「プレミアムスポーツ」
マツダ 新型CX-60
マツダ 新型CX-60

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント