レザー用いた上質な「タン内装」 マツダ「新型セダン」20周年記念の特別な「オシャ内装」とは

「マツダ6」の20周年を記念した特別仕様車が2022年12月9日から予約開始されました。どういったモデルなのでしょうか。

タン内装備わる「マツダ6」特別仕様車とは

 マツダのフラッグシップモデル「マツダ6」の20周年を記念した特別仕様車「マツダ6 20th Anniversary Edition」が設定。2022年12月9日に予約を開始しました。
 
 どういったモデルなのでしょうか。

マツダ「新型セダン」のオシャな「タン内装」とは
マツダ「新型セダン」のオシャな「タン内装」とは

 マツダのミッドサイドカー初代「アテンザ」は2002年5月が登場し、3代目の現行モデルではマツダ6へと名称変更。

 アテンザ/マツダ6が2022年に20周年を迎えたことへの感謝の気持ちを込めた特別仕様車 20th Anniversary Editionをセダン、ワゴンともに設定されており、20周年を記念して特別仕様なモデルとなっています。

 なかでも、インテリアは優雅さが表現。

 座席シートにはタン色(黄土色)の上質で柔らかいナッパレザーが用いられ、フロントシートのヘッドレストには、エンボス加工の20周年を記念した「20th」のロゴが施されています、

 このほか、インパネやドアトリムにもタンカラーがアクセントで施されたほか、マットブラウンのヘアラインが施されたインパネデコレーションパネルを装備しており、ステアリングにもスムースレザーが用いられるなど、細部に渡り手が加えられています。

 タン内装といえば、マツダ新型SUV「CX-60」の最上級グレード「Premium Sports(プレミアム スポーツ)」の内装にも用いられていますが、マツダ6の特別仕様車では渋めの木目調パネルが備わったことで熟成感を表現しています。

 このほかマツダ6の特別仕様車の特徴には、ボディカラーにマツダ独自の塗装技術「匠塗(TAKUMINURI)」による特別塗装色の第4弾となる「アーティザンレッドプレミアムメタリック」を専用色として国内初採用。

 また機能面では電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付き)も設定されるほか、特別仕様車の設定と同時に、新グレード「スポーツアピアランス」が追加されています。

 商品改良も実施され、「SKYACTIV-D 2.2」のエンジン出力やトルク向上によって高回転域までの力強さを高めるとともに、ペダル踏力を変更してコントロール性が上がっています。

※ ※ ※

 なお、マツダ6の価格(消費税込)は296万2300円から473万9900円です。

 そのうち特別仕様車 20th Anniversary Editionの価格はワゴンとセダンともに、442万2000円から466万2900円です。

マツダ・MAZDA6セダン のカタログ情報を見る

【画像】マツダ「新型セダン」の特別な「上質タン内装」を画像で見る!(37枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー