「黄色いパトロールカー」は「違反」を取り締まる!? 道路の安全を守る「交通管理隊」のお仕事とは

高速道路などを走行している時、目立つ外観で目をひく「黄色いパトロールカー」は、一体何のために走っているのでしょう。また違反の取り締まりをおこなうことはあるのでしょうか。

「黄色いパトロールカー」の正体は交通管理隊の道路巡回車

 高速道路を巡回している黄色いパトロールカーは、一体何のために走っているのでしょう。
 
 また警察車両と同様に、速度超過といった交通違反の取り締まりをおこなうこともあるのでしょうか。

高速道路を巡回する黄色いパトロールカー(道路巡回車)は一体何をしながら走っているのでしょうか[画像はイメージです]
高速道路を巡回する黄色いパトロールカー(道路巡回車)は一体何をしながら走っているのでしょうか[画像はイメージです]

 黄色いパトロールカーの正体は、道路の安全を守る交通管理隊の道路巡回車です。

 所属は、道路を管轄するNEXCO(ネクスコ)などの道路管理会社です。パトロールカーの車体にもNEXCOなどの所属名が刻まれています。

 多くは黄色いパトロールカーですが、警察車両にも似た白い道路巡回車も見られるようになりました。

 以前は警察車両のようなセダン車もみかけましたが、近年は積雪などにも業務を遂行できる四輪駆動車を採用する例が増えています。

 これらの道路巡回車は、高速道路の安全確保、パトロールのために用いられ、車内にはあらゆる事態に対応するための搭載品が数多く積まれています。

 まず外装部分ですが、天井部分には黄色の回転灯が搭載され、高速道路を走る車両に文字で危険を知らせる起立式のLED標識装置も搭載されています。

 LED標識装置では「事故」や「落下物」などの文字で高速道路を走る車両に危険を伝え、標識部分を立てることも可能なので、遠くを走る車両も認識しやすいようになっています。

 道路巡回車の搭載品には様々なものがありますが、「車両位置情報システム」や、外部の車に連絡するためのマイク、無線機など、仕事を円滑にこなすための装備が整っています。

 また車内の積載物として、カラーコーンや矢印板はもちろん、消火器や救急箱、けん引ロープや、燃料が流出した時に備えた油処理剤まで、あらゆる事態に対応するためのアイテムが数多く積載されています。

【画像】高速道路の電光掲示板「赤い三角」はどんな意味!? 渋滞路の実情を写真で見る(16枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント