暖房はタダ!? 燃費は悪化しない? 「A/C」を押すとどうなる? クルマの空調とガソリン消費の関係とは

冬になって寒くなるとありがたいのが暖房の存在。冷房と違って燃費が悪化しないというのは本当なのでしょうか。解説します。

暖房は燃費に影響しない? A/Cボタンつけたらどうなる?

 クルマを運転していて車内が寒くなったときは、暖房を使って車内を快適な温度にできます。しかし冷房と同じように、作動させると燃費が悪化すると思い暖房を使わず、寒さを我慢する人もいるかもしれません。

 実際にクルマの暖房は燃費を低下させるのでしょうか。今回はその仕組みについて触れていきます。

暖房は燃費に影響する?
暖房は燃費に影響する?

 クルマの暖房は、送風ダイヤル(レバー又はスイッチ)を操作し暖かくなるよう温度調整し暖房として使う際、エンジンの稼働により発生する熱を使っています。

 エンジンは稼働中に大量の熱が発生するため、冷却水を循環させオーバーヒートを防止します。同時に熱を持った冷却水をヒーターコアという箇所に送り、そこへ風を当て暖かい空気を発生させ、車内に送り込む事で送風口から暖かい風が出てきます。

 元々エンジンから出る熱はクルマを動かすには不必要であり、副産物として出てくる熱を暖房に有効活用しているのが暖房機能という事になります。

 では、暖房と冷房ではどのような違いがあるのでしょうか。

 暖房はエンジンの熱を吸収した冷却水を元に暖かい空気を車内に送り出します。そのため、手間を加えることなく利用できます。

 しかし、冷房の場合は”液体が気体(蒸発)に変わる時に熱を奪う”原理を利用しています。そのため、車内の空気を冷やすために、コンプレッサーを動かしエアコンガスを圧縮させます。圧縮された液体ガスが気化し熱を奪って冷たい空気を作り出します。冷やした空気を車内へ送ることで、温度を下げます。

 車内で暖かい空気はエアコンで作り出される訳ではなく、エンジンの熱によって自然に作られています。冷房と違い暖房は熱を再利用しているだけなため、暖房のために燃料を余分に消費するケースは限られます。

【画像】燃費少しでもよくしたい? 身近な方法を写真でチェック!(26枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー