ロンブー亮、愛車のスズキ「カルタスGT-i」を“ハンバーグ師匠”に披露 「これだよこれ、カルタスだよ!」

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが、トラブルが発生していたスズキ「カルタス 1300GT-i」の修理が完了したと自身のYouTubeチャンネルで報告しています。

“ハンバーグ師匠”、カルタスと対面し「可愛いな~」と称賛

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが、自身のYouTubeチャンネルで、“ハンバーグ師匠”こと「スピードワゴン」の井戸田淳さんとコラボ。修理からようやく戻ってきた初代「カルタス 1300GT-i」(以下、カルタス GT-i)でドライブしました。

スズキ初代「カルタス GT-i」
スズキ初代「カルタス GT-i」

 以前、亮さんとのコラボ時に、「またクルマを乗り換えたときは乗らせてください」と話していたという井戸田さん。そのような経緯もあり、今回亮さんは井戸田さんにカルタスを見せに来たそうです。

 早速、井戸田さんを迎えにいった亮さん。しかし、カルタスGT-iが、亮さんが以前保有していたトヨタ「スターレット ターボS」と同じボディ色なこともあり、井戸田さんは「ターボの前のやつ(エアインテークダクト)がついてないだけで、ほとんど何も変わってないですよ」と苦笑。しかし、続けて「可愛いな~!」と漏らすと、亮さんもすっかりウキウキです。

 その後、カルタスの紹介が終わると、いよいよふたりでドライブ開始。軽く亮さんが走らせた後、すぐ井戸田さんに運転を代わります。ギアチェンジに手こずりつつも、スムーズに回転数が上がっていくカルタスの走りに、井戸田さんは「お~!」と歓声を上げていました。

 その後、亮さんが井戸田さんに結婚祝いを渡したり、ふたりでトークをしたりしながら、お台場まで散策。最後に家に戻ってくると、亮さんは「クルマを買い換えたら、また乗ってね」と井戸田さんにお願いしていました。

 視聴者からは「カルタスめっちゃ褒めてくれましたね」「カルタスでお台場いいですねー!」といった声に加え、「井戸田さんと仲良さそうで、見ていて面白い」などと、ふたりの仲の良い関係を羨む声も出ていました。

 ちなみに亮さんによれば、乗りたい旧車を探す企画はもう再開しているそうです。もし良い車両が見つかった場合、残念ながら、今のカルタスとはお別れになるようです。

※ ※ ※

 1986年に登場したスズキ「カルタスGT-i」。

 日本初となる1.3リッターのDOHCエンジンを搭載し、最高出力97馬力を発揮。また亮さんの購入していた1987年製のモデルでは110馬力にまで向上しています。さらにクロスレシオの5速MTや、強化したサスペンションなども採用。小型ホットハッチとして高い評価を得ています。

 さらに1988年から登場した2代目カルタスにも、「GT-i」がスポーティモデルとして設定されています。

スズキ・カルタス のカタログ情報を見る

【画像】ロンブー亮さんの愛車 スズキ「カルタスGT-i」どんな国産ホットハッチ? 画像で見る(8枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント