レクサス新型「RX」はどんな高級SUV!? ボディに“スピンドル”融合した姿とは?

レクサスが2022年11月18日に発売した新型SUV「RX」はどのようなモデルなのでしょうか。

新開発のハイブリッドシステムを搭載した仕様も設定

 レクサスは、2022年11月18日に5代目となる新型「RX」を発売しました。レクサスがブランドのコアモデルに位置づけている高級SUVですが、新型ではどのような特徴があるのでしょうか。

レクサス5代目 新型「RX」
レクサス5代目 新型「RX」

 新型RXは、2022年6月1日に世界初公開されました。

 歴代RXとして初めてTNGAプラットフォームが採用され、ボディサイズは全長が4890mm×全幅が1920mm×全高が1695mm。ホイールベースが2850mmです。

 外観で大きな特徴として挙げられるのは、レクサス車のファミリーフェイス「スピンドルグリル」をボディ全体の表現に昇華させた「スピンドルボディ」を採用した点です。

 ボディとフロントグリルが一体となった造形により、踏ん張り感のあるスタイルが表現されています。

 またボディは高剛性かつ軽量な設計に仕上がっており、クルマとしての素性も徹底的に鍛え上げられています。

 内装は、人間中心の「Tazuna Concept」に基づいた操ることを楽しめるドライバー席と、開放的で快適な居住空間が両立されています。

 パワートレインとして、2.4リッターターボエンジンにモーター、6速ATが組み合わされてリアには高出力モーター「eAxle」も追加される新たな2.4リッター直列4気筒ターボハイブリッドシステムを設定。

 レスポンスの良い伸びやかな加速を実現するほか、四輪駆動制御により前後輪のグリップ力を最大限に活かして車両姿勢のコントロールもおこなうことで、ダイレクトかつトルクフルな走りを実現しています。

 ほかにも2.5リッター直列4気筒プラグインハイブリッドシステムに大容量・高出力リチウムイオンバッテリー(総電力量18.1kWh)やフロント・リヤモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド仕様、2.4リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載したガソリン仕様が設定されます。

 また、予防安全技術「Lexus Safety System+」や高度運転支援技術「Lexus Teammate」など、最新の運転支援システムも組み込まれました。

 新型RXの価格(消費税込)は664万円から900万円です。

 それではここでクイズです。

 新型RXは前述のとおりTNGAプラットフォームが採用されていますが、TNGAプラットフォームは車格にあわせていくつかの種類があります。

 では、新型RXに採用されているTNGAプラットフォームの種類は、次のうちどれでしょうか。

【1】GA-Cプラットフォーム

【2】GA-Kプラットフォーム

【3】GA-Fプラットフォーム

【4】GA-Lプラットフォーム

※ ※ ※

 正解は【2】の「GA-Kプラットフォーム」です。

 トヨタの次世代のクルマづくり「TNGA」の一環とされるTNGAプラットフォームのなかで、新型RXはGA-Kプラットフォームを採用。レクサスブランド内ではFFセダンの「ES」や新型RXより小型なSUV「NX」でも用いられています。

レクサス・RX のカタログ情報を見る

【画像】レクサスが新型高級SUV「RX」ついに発売! “スピンドル”がボディと融合!? その姿とは(50枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント