いま「中古車」を買う人は何を求める? 人気車の共通点は? 「安さより早納車」を求めるユーザーニーズとは

昨今では、半導体などの部品不足が慢性化している影響から、新車の長納期化が著しい昨今、納期の見通しが立ちやすいこともあって中古車の需要が高まっています。現在、中古車市場ではどのようなモデルが人気となっているのでしょうか。

いま、中古車を買う人が求めるモノとは?

 半導体などの部品不足が慢性化している影響から、新車の長納期化が著しい昨今、納期の見通しが立ちやすいこともあって中古車の需要が高まっています。
 
 現在、中古車市場ではどのようなモデルが人気となっているのでしょうか。

中古車市場で人気なのはミニバン? 昨今の中古車市場はどうなる?(画像はトヨタ先代ヴォクシー)
中古車市場で人気なのはミニバン? 昨今の中古車市場はどうなる?(画像はトヨタ先代ヴォクシー)

 最近は、ウクライナ危機や新型コロナウィルス感染症のまん延などによって、半導体をはじめとした部品の不足が深刻化しています。

 これにより、新車の生産が滞り、納期の長期化が著しく進んでいます。モデルにもよりますが、人気モデルの在庫車はどの自動車メーカーにおいても皆無であり、半年から1年以上の納期を要することがめずらしくなくなっています。

 そのようななか、「いますぐにクルマが欲しい」という事情があるユーザーは、納期の見通しが立ちやすい中古車を購入するという選択肢をとるケースも増えているようです。

 では、需要の高まっている現在の中古車市場では、どのようなモデルが人気となっているのでしょうか。

 全国展開している中古車販売店の担当者A氏は、以下のように話します。

「現在、中古車市場で売れているモデルとしては、トヨタ『ヴォクシー』や日産『セレナ』、ホンダ『フリード』、トヨタ『シエンタ』などが人気な傾向があります。

 また、トヨタ『ヤリス』やホンダ『フィット』も比較的売れ行きが順調です。

 いずれのモデルも、価格が安い個体よりも、価格は高くても高年式の状態の良いものが好まれています」

 トヨタを代表するミニバンのヴォクシーは、2022年1月にフルモデルチェンジがされたこともあり、先代が中古車市場に多く流通しているといい、セレナ、フリード、シエンタも定番のミニバンであり、流通台数の多いモデルです。

 また前出とは別の首都圏の中古車販売店のB氏は「中古車市場のミニバンではトヨタ『エスクァイア』の問合せを頂くことが多々あります。新型『ノア/ヴォクシー』に変わるタイミングで生産終了となりましたが、もう手に入らないというプレミアム感。そして迫力のあるデザインや中古車故の手の届きやすさなどにより、注目されているようです」と話しています。

※ ※ ※

 中古車市場では、流通数が多ければ多いほど価格競争が働くため、そのモデル全体の相場価格は下がる傾向があります。

 結果として、流通数の少ないモデルに比べて、価格と状態のバランスが良い「お買い得」な中古車となることが多いようです。

 もちろん、これらのモデルは新車の時点でかなり人気の高いモデルであるため、そうした部分も影響していると考えられますが、やはり流通数が多いという点は、中古車市場における人気を図るうえでは重要な要素となっているといえます。

【画像】かつてノアヴォクに車中泊仕様あった? 新型でもほしい! 快適ミニバンの実車を見る!(40枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント