いよいよ最期!? V8+MTの設定あり! 「世界一売れた」スポーツカー「マスタング」新型モデルが米で世界初公開! 「特別」なサイドブレーキでドリフトも自在か!?

2022年9月14日(アメリカ ミシガン州現地時間)、フォードはフルモデルチェンジを果たした新型「マスタング」を発表しました。どのようなクルマなのでしょうか。

V8+MTの設定もあり! ドリフト練習にも最適? 新型マスタング発表

 2022年9月14日(アメリカ ミシガン州デトロイト現地時間)、アメリカの自働車メーカー「フォード」はフルモデルチェンジを果たしたスポーツカー新型「マスタング」を発表しました。

 初代モデルは1964年発売とその歴史は長く、また2014年以来7年連続で、「世界でもっとも売れているスポーツクーペ」として君臨するなど世界中から愛されるマスタングですが、どのような進化を遂げたのでしょうか。

世界一売れたスポーツカーがフルモデルチェンジ!フォード新型「マスタング」
世界一売れたスポーツカーがフルモデルチェンジ!フォード新型「マスタング」

 フォードはアメリカに本拠を置く、国際的な自動車メーカー。マスタングは同社が製造販売するスポーツクーペです。

 マスタングの初代モデルは、1964年に開催されたニューヨーク万国博覧会で世界初公開。以来、1974年に登場した2代目、1979年登場の3代目、1994年に登場した4代目、2005年登場の5代目、2014年登場の6代目と進化を続け、その歴史は58年にもなります。

 日本ではフォード・ジャパンが輸入販売しておりましたが、2016年9月にフォード・ジャパンが撤退し、現在は正規販売がなく一部並行輸入業者が販売するのみとなりました。

 今回発表された新型マスタングは約8年ぶりのモデルチェンジを遂げた7代目モデル。

 そのエクステリアは歴代モデルをインスパイアしながら、彫りの深さを加えエッジを効かせた、これまでで最も幅広い顧客層を狙ったデザインだといいます。

 フロント全体の低く水平なラインは、クルマ全体の幅を強調し、アッパーグリルの形状は1960年代の初代モデルを思わせます。

 一方でヘッドライトにはTri-Bar LEDを採用し、精悍さを強調します。

 流麗なルーフライン、力強く走るスタンス、短くなったリアオーバーハングも、初代モデルのプロポーションを踏襲し、ワイドになったリアまわりも「力強さ」を表現しています。

 フォード・マスタング・デザインマネージャーのクリストファー・ウォルター氏は、新型マスタングのエクステリアデザインについて次のように述べています。

「新しいマスタングは、より彫りが深く、エッジが効いており、マスタングの古典的な骨太さと時代を超越した存在になっています」

 インテリアは、戦闘機をインスパイアしたというドライバー中心のコックピットとなっています。

 12.4インチのデジタルインストルメントクラスター含む、流れるような曲線を描く2つのディスプレイを備え、ドライバーが見たい必要な情報を表示するために素早くカスタマイズすることが可能です。またドライブモードの選択に応じて、ディスプレイやインテリア照明の色調を変更することができます。

 ステアリングホイールには、レースから着想を得たフラットボトムタイプのものが採用され、着座時のスペースが広くなっています。

 フォード・インテリア・デザイン・マネージャーのリカルド・ガルシア氏は、新型マスタングのインテリアデザインについて以下のようにコメントしています。

「私たちはお客様が何を求めているかを理解し、ドライバーに焦点を当てたコックピットを維持しながら、これまでで最もデジタルなマスタングをデザインしました。

 またラジオやエアコンなどの物理的なボタンの一部を削除し、デジタルディスプレイに統合したことは、ミレニアル世代、Z世代、そして従来のマスタングドライバーへ調査した際も好評でした」

 エンジンには、2.3リッター直列4気筒ターボチャージャーエンジンと5.0リッターV型8気筒エンジンが設定されます。

 またV型8気筒エンジンモデルは、トランスミッションを6速MTもしくは10速ATから選択可能です。

 さらに、エンジン音を楽しみたい方のために、キーフォブを使って遠隔でエンジンを回転させることができるリモートレブ機能も導入されています。

 新型マスタングには同セグメントとしては初の伝統的な機械式ハンド ブレーキの視覚的な魅力と機能性を備えた「電子ドリフトブレーキ」が採用されており、初心者ドライバーがドリフトスキルを習得して改善できるように設計されています。

 新型マスタングのチーフ・ネームプレート・エンジニアであるエド・クレンツ氏は、マスタングの動力性能について次のようにコメントしています。

「新型マスタングは、これまでで最も運動性能が高く、運転に自信が持てるモデルです。ATでもMTでも、エンジン、サスペンション、ステアリング制御を組み合わせたドライブモードのおかげで、お気に入りの道から地元のサーキットまで、どこでもドライバーに最高のパフォーマンスを提供できるようになりました」

※ ※ ※

新型マスタングは2023年夏から米国で発売される予定です。

生産はミシガン州フラット ロックの組立工場でおこなわれます。

【画像】ゴツ顔スポーティーなデザインがカッコイイ!フォード新型「マスタング」の内外装を画像で見る(88枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 2~4代目は無かった事になっているのかな?