国道349号「梁川バイパス」23日全通! 広瀬川を渡って市街地通過が可能に

国道349号の梁川バイパスが全線開通します。1985年度から事業が進められてきたこのバイパスはどのような役割を担うのでしょうか。

残りの北側半分が開通

 国道349号の梁川バイパスが、2022年9月23日15時に全線開通します。

国道349号梁川バイパスの整備状況(画像:福島県)
国道349号梁川バイパスの整備状況(画像:福島県)

 国道349号は茨城県水戸市から宮城県南部の柴田町までを南北に結ぶ全長約270kmの路線です。

 茨城県那珂市、常陸太田市、日立市、福島県いわき市、二本松市、伊達市、宮城県角田市などを通ります。

 そして今回、全線開通する梁川バイパスは、伊達市梁川町の中心市街地を迂回する全長2.75kmの道路です。市街地の混雑解消、緊急輸送路の機能強化、工業団地へのアクセス強化を目的としています。

 1985年度に事業着手し、2004年度までに南側半分の1.43kmが開通。今回は広瀬大橋(長さ320m)を含む北側の残り1.32kmが開通します。

 なお9月23日には、広瀬大橋の北側で、関係者を対象とした開通式が開かれる予定です。

【画像】国道349号「梁川バイパス」の位置を地図で見る(6枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント