ロンブー亮、日産「510ブルーバード」レストアを決断!「そんな宝物保管していたとは」

「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが、保有している日産3代目「ブルーバード」(510型)のレストアを開始すると公式YouTubeで報告しました。

ブルーバードの復活を決断

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが、自身のYouTubeチャンネルで、25年前に自身が購入した日産3代目「ブルーバード」(510型)のレストアを発表しました。

日産車だけでなく日本車が世界進出する礎となった「510型 ブルーバード」
日産車だけでなく日本車が世界進出する礎となった「510型 ブルーバード」

 スズキ初代「カルタス1300GT-i」など、旧車をこよなく愛する亮さん 。25年前に購入したブルーバードは、結婚し子どもが生まれた後、大阪にあるカーショップに預けっぱなしだったそうです。

 しかし子どもも成長したため、今回はブルーバードの復活を決断。亮さんの同級生で、各車種パーツメーカー「WALD」に勤める松本さんとともに、同車を預けるカーショップへ向かいます。

 お店の前に到着すると、早速リフトの上にある「ブルーバード1600SSS改」とご対面。社長のタツミさんは「大分朽ち果てましたよ」と言いますが、言葉とは裏腹にかなり良好な状態を保っていました。

 とくにエンジンはもう手が入っており、亮さんは見た瞬間「アレ? キレイ!」とうれしそうな声を上げます。問題点として、一部オイル漏れがあったり、外装の一部が割れたり錆びたりしていますが、今から50年前に製造されたクルマであるのを考えれば、十分すぎるほどでしょう。

 動画のラストでは「みなさん、待っててください!」と笑顔で語る亮さん。また、おまけパートでは、タツミさんと松本さんがホイールの拡大やフェンダーの改造を匂わせていました。

 果たして、レストア後のブルーバードはどんな車になるのか。視聴者からは「ブルーバード持ってたんすね!」「そんな宝物保管してたとは」といった驚きの声が続々。「復活楽しみにしています!」などと期待を寄せられていました。

※ ※ ※

 510型の日産3代目ブルーバードは、1967年に登場。当時としては珍しい四輪独立懸架を採用しており、トヨタ「コロナ」とともに「BC戦争」と呼ばれる熾烈な販売競争を繰り広げました。

 また海外のラリーで好成績を残すなど、「ラリーの日産」のイメージを揺るぎないものにしたモデルでもあります。

 今回動画で登場した「ブルーバード 1600SSS」は、そのブルーバードのハイパフォーマンスモデルです。「SSS」は「スーパー・スポーツ・セダン」を表し、よりスポーティな走行を可能にしました。

日産・ブルーバード のカタログ情報を見る

【画像】ロンブー亮さんがレストアを決意した日産「510ブルーバード」はどんなクルマ? 画像で見る(22枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー