スズキから「どこでも車中泊軽」登場!? 新型「スペーシア ベース」はオジサン人気? の「アトレー」に対抗なるか!? 2車種の違いは

2022年8月26日、スズキは軽商用車の新型「スペーシア ベース」を発売しました。ライバル車ともいえる、ダイハツ「アトレー」とはどのような違いがあるのでしょうか。

車中泊需要叶える? スズキ新型「スペーシア ベース」とは

 スズキは2022年8月26日、新型軽商用車「スペーシア ベース」を発売しました。軽乗用車のデザインや快適性と、軽商用車の積載性や広い荷室を融合した、新ジャンルのモデルです。

 ライバル車では、2021年12月20日にフルモデルチェンジされたダイハツ「アトレー」があげられますが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

 今回は内装を中心に比べて見ていきます。

スズキ新型「スペーシア ベース」はダイハツ「アトレー」に対抗なるか?
スズキ新型「スペーシア ベース」はダイハツ「アトレー」に対抗なるか?

 新型スペーシアベースは「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトに掲げて開発。

 商用車ならでは積載性や広い荷室空間に加え、乗用車の快適性や運転のしやすさも融合されたことからさまざまな利用が可能といえます。

 スペーシアベースのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1800mm(ルーフレール付きモデル)。

 荷室は荷室長が1205mm×荷室幅1245mm×荷室高1220mmで、最大積載量200kgを確保しています(2名乗車時)。

 後席は格納することができるため、標準装備であるフルフラットカバーを装着することで、隙間のないフラットな床面の荷室空間をつくることもできます。

 また縦685mm×横1130mmのマルチボードも全車標準装備。

 これにより、車内空間を自由にさまざまなアレンジをすることができ、公式ホームページでは4つのアレンジ方法を紹介しています。

「上段モード」では、テレワークなどで利用可能なデスクとして活用可能で、ボード下の荷物が見えないようにする目隠しにも利用できます。

「中段モード」では、荷室を上限に分割する棚板としても、車内作業でのローデスクとしても活用できます。

「下段モード」は、マルチボードをセットして前席の背もたれを倒せばフルフラットな空間が出現。大人2人でも快適な車中泊が楽しめる仕様に。

 そして「前後分割モード」では、前後に分割することで荷物が整理しやすい荷室にアレンジが可能です。

 このほか機能面では、インパネ部分にType-A、Type-Cに対応したUSB電源ソケット(XFグレードのみ)、買い物した袋をインパネ部分にかけられるショッピングフックなど充実した収納面が装備。

 さらに助手席の背もたれを前に倒してテーブルとして利用できる「助手席シートバックテーブル」も標準装備され、商用としてはもちろん、車中泊やレジャーなど幅広い使い方で楽しめる仕様となっているといえます。

【画像】車中泊に最適!? スズキ新型「スペーシア ベース」とダイハツ「アトレー」画像で見比べる(45枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. クソみたいな記事
    アトレーとスペーシアを比べんよ!
    アトレーとエブリイ
    スペーシアとN VAN
    じゃないの
    実車を見ずにネットでHPだけ見て書いたチョロイ記事